最近の記事

2011年08月26日

秋田県も褒められている

【日本を愛する俺が各都道府県を褒めてやる〜まめ速】

この中で、秋田県は早い時点で褒められています。

八幡平、白神山地(青森も含むけど)、豊富な温泉郷がいい感じ。乳頭温泉は関東圏の憧れ。
秋田と言えばハタハタ寿司。かみきれないプチプチが堪らない。あとキリタンポ。鍋うんます。

秋田駅に行ってもどこに行っても、何故か男鹿のなまはげが大人気。
男鹿半島自体は歴史が深く、真山神社の近くのなまはげ会館は是非行くべき。MCのお姉さんウマすぎでワロタw
日本酒好きなら東北はもれなくいい所。米が良くて水が旨い。

鳥海山も自然観光としては捨てがたい。雨だったからコメントは控える





鳥海山を推している所がなんとも有り難く。

次回はぜひ天気の良いときに。
posted by しょーじ(の) at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

光星学院野球部の飲酒問題について

 8月25日付の日刊スポーツに載った三須一紀記者の「青森県民の手の届かぬところで歓喜と落胆」と題されたコラムが気になったので。

 
 少々過激な表現かもしれないが、青森県がかわいそうだ。夏の甲子園で準優勝を果たした光星学院野球部員の飲酒が発覚した。甲子園ベンチ入りメンバーで昨年末、帰省先で飲酒したという。帰省先〜。つまり青森出身の選手ではないということ。



・高校生の飲酒喫煙が厳しく罰せられるのは当然のことですが、そのこととチーム内に県外出身選手が多いこととは別問題だと考えます。

・また、関西出身といっても、純粋に関西人の子もいれば、父親か母親が東北の出身でそこを頼ってそこの高校に入学した子もいるかもしれない。「秋田」という苗字は青森に多いので、光星学院のピッチャーは青森県の出身だとばかり思ってました。

・三年のわずかの間といえ、殆んど雪の降らない関西の子供が八戸とかすったげ雪の積るところで高校生活を送るってのはとっても大変なんだぞと。
posted by しょーじ(の) at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

能代商業甲子園初勝利

【能代商、逆転で初戦突破 夏の甲子園、神村学園下す】

第93回全国高校野球選手権大会第4日は9日、甲子園球場で1回戦を行い、第2試合で本県代表の能代商(2年連続3度目)は、神村学園(鹿児島・4年ぶり2度目)と対戦。能代商は六回に一挙4点を奪って逆転し、5−3で甲子園初勝利を飾った。県勢の初戦突破は、1997年に秋田商が浜田(島根)を下して以来、14年ぶりとなり、夏の甲子園の連敗記録も13でストップした。

 2点を追う能代商は六回、連続長短打で1死二、三塁とした後、山田の右前適時打で1点差。敵失で追い付くと、平川の右前適時打で逆転した。さらに、犠飛で加点しリードを広げた。

 先発の左腕・保坂は再三走者を許したものの、粘り強い投球で要所を締め、3失点で完投した。



・秋田県勢は甲子園で14年ぶりの勝利。

・能代商の保坂投手が神村学園の久保投手に身長で勝っていることを試合前に知り、「取り敢えず一つ勝ってるな」と。

・一回の表にノーアウトのランナーを送れなかったときは、今年も無理なのかと少し弱気になった。

・5回までに1−3と点差を広げられ、そのうち2点がデッドボールのランナーだったので、これは困ったなとますます弱気になった。

・6回表の集中打は興奮した。

・エラーが内野で3つ。とにかく東北のチームにエラーが多い印象がある。

・次戦の香川県英明高校の松本投手は身長193、今大会屈指の左腕とか言われてるのでかなりの強敵だな。

・たぶん、4番の山田主将がホームランを打つと思う。
posted by しょーじ(の) at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

インターハイの応援(男子ソフトボール)

 高校総体、男子ソフトボールが当地由利本荘市を会場に開催されておりまして、滝温泉には東京・神奈川・大分代表を応援にいらした父兄の方々が宿泊でした。

 強い高校はどこかと考えたとき、「硬式野球の強いところはソフトボールも強いに違いない」と勝手に法則をこさえてみたところ、神奈川代表の伊勢原高校が、夏の甲子園の決勝で脅威の粘り腰で日本中を沸かせた新潟の日本文理と、大分東高校が、出る度に甲子園ではベスト8確定みたいな東洋大姫路と、それぞれ対戦だったので、これはかなり手強い相手になってしまったな〜、と感じていたところ残念ながら二校とも一回戦敗退でした。

 唯一、「うちの孫が5打数4安打の活躍だった」東京の正則学園が一回戦を18−0の大差で突破したので、「これは応援にいかねばならない」と私の両親が由利町まで足を運びました。中学生女子のソフトボールは何度か観戦したことがある両親ですが、高校生、しかも男子のそれを見るのは初めてで「ピッチャーの球の速さに驚いた」と感想しておりました。

 さて、正則学園は残念ながら徳島の城東高校に敗れてしまったそうです。
posted by しょーじ(の) at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。