最近の記事

2012年10月04日

メロンに生ハム



【子供の塩分摂り過ぎと肥満:ロハス・メディカル・ブログ】
日本高血圧学会減塩委員会は、高血圧の予防のために、血圧が正常な成人に対して、食塩摂取を一日6 g未満に控える食塩制限を勧めています。世界保健機関(WHO)は、世界の人の減塩目標を5 gとしています。しかし、2010年における日本の成人一日あたりの塩分平均摂取量は、男性で11.4g、女性で9.8gと、目標を上回ってます。今後、高齢化がいっそう進むことが予想されますので、若い頃から食生活に気をつけて、高血圧のリスクを減らすことが重要と思われます。


と、日本人は一日あたりの塩分摂取が目標値の殆ど2倍の高さなので、若いうちから気をつけて減塩しましょう、ということなのですが。

しかし、最近、加工食品やファーストフード、スナック菓子を食べる子供が増えたため、子供たちの塩分摂取量が増加しています。小児期に血圧が高いと、成人になってからの高血圧症を発症したり、若くして心疾患を合併し、亡くなる原因となります。


ファーストフードやスナック菓子など、子どもが好んで食べるものの中に塩分が多く含まれるので、小さい頃から高血圧となり、それが成人してからの高血圧症、心疾患の引き金となっている、ということです。

高血圧を引き起こすのは食塩の中で40%を占めるナトリウムで、これの摂取量を減らすことは血圧を下げるばかりでなく、肥満の改善にもなる、という研究報告もあるようです。

子どもを持つ親としては、日頃から、食品に含まれる塩分量を意識して、必要以上の塩分→ナトリウムを摂取させないことが大切かと思います。

しかし、スナック菓子を控えることも大事ですが、秋田県人は特に漬物を控えたほうがより効果的じゃないのかと思って、そこらへんでGoogle様に聞いて回っているうちに、こんなのが。

【「メロンと生ハム」を食べる理由とは?】
突然ですが、「メロンと生ハム」という高級メニューがありますよね?
「なぜこの二つを一緒に食べるんだ?!」
と、疑問をもたれている方もいらっしゃるのでは?
実はこれ、カリウム効果のためなんだとか。

先ほどあげた「メロンと生ハム」は、
この塩分が多い生ハムに対抗するための食べ方と言うわけです。


メロンに生ハムを乗せるのは生ハムでナトリウムを取り過ぎないように、メロンのカリウムが調整してくれているってことが理由のようです。

ヨーロッパあたりの貴族が趣味で始めた風習くらいに思っていました。
posted by しょーじ(の) at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。