最近の記事

2009年05月02日

渋滞に巻き込まれたくない

・GW真っただ中&高速料金値下げ&東北自動車道で事故⇒「渋滞してて到着が遅くなります」と電話があったのが午後3時を過ぎたころ。「今どちらにいらっしゃいますか?」「福島県の飯坂です」

・渋滞を上手く回避する方法についてその道の権威、西成活裕教授の記事がありました。

【「渋滞学」の権威、西成活裕東大教授が伝授! 目からウロコの“究極”の渋滞回避術】
――では、西成先生が提唱されている「渋滞を起こさない運転方法」について教えて下さい。

西成教授:まず、車間距離を十分空けることです。高速道路の場合、車間距離40mが大きな分岐点になります。これを40m以下に詰めてしまうと、前のクルマがブレーキを踏んだとき、自分のクルマもブレーキを踏まざるを得ないということが実験結果などから分かっています。でも、40m以上空いていれば、前のクルマがブレーキを踏んでも自分のクルマはより強くブレーキを踏むということがないのです。つまり、後続車に対して「ブレーキを踏む」という連鎖が強まるか、弱まるかの境目が車間距離40mなのです。言い換えれば、40m以上空けていれば、後続車にブレーキが弱まって伝わるため、渋滞は発生しないということになります。

 今、高速道路の脇に、車間距離「40m」「80m」といった標識が立っていますが、あれが渋滞解消の非常に良い目安になります。追突事故防止のためのものですが、私からすれば渋滞対策です。

 とはいえ、前との車間が空いているとつい詰めてしまうというのが人情です。目の前にケーキがあるとつい食べてしまう――。ダイエットと全く一緒です。しかしながら、「短期的な視野で行動すると人は損をする」ということを肝に銘じていただきたい。そうすれば、渋滞を解消することもダイエットを成功させることも可能です。

 統計データによれば、車間距離40mの時の平均速度は時速72kmですので、「高速道路では40m以上詰めると損をする」あるいは「時速約70km、車間距離40mが渋滞の始まり」と覚えておいていただければいいでしょう。



車間距離40m、時速約70kmで渋滞が回避できるということですね。

posted by しょーじ(の) at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118470782
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。