最近の記事

2009年09月26日

ミスターロンリー ミスターロンリー


ミスター・ロンリー [DVD]

ミスター・ロンリー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD




@病気の羊たちを銃殺するシーンで流れる曲が印象的。



この曲は「The Maid Freed from the Gallows」というそうで、歌詞の意味はこちらのサイトから引用⇒【Gallows Pole〜古謡とZEP】

首吊り人さん、首吊り人さん、
もう少し 少しの間
友がやってくるのが見える気がする
馬に乗って 何マイルも

友よ 幾らかの銀を持って来てくれた?
或いは金を
僕のために何を持って来てくれた?
首吊り台の僕に

銀は手に入らなかった
金は手に入らなかった
わかってるだろ?
僕たちどうしようもなく貧しいんだ
君は首吊り台に居るけれど

首吊り人さん、首吊り人さん、
もう少し 少しの間
弟がやってくるのが見える気がする
馬に乗って 何マイルも

弟よ 幾らかの銀を持って来てくれた?
或いは 金を
僕のために何を持って来てくれた?
首吊り台の僕に

兄さん 僕は銀を持ってきたよ
それに金も少し
持ってるものの一部だけど
首吊り台の兄さん

首吊り人さん、首吊り人さん、
もう少し 少しの間
妹がやってくるのが見える気がするんだ
馬に乗って 何マイルもさ

妹よ お願いだ
首吊り人の手をとって
木陰の谷に連れて行ってくれよ
僕を 彼の仕打ちから救ってくれ
僕を 彼の仕打ちから救っておくれよ

首吊り人さん、首吊り人さん、
笑っているね
僕は馬に乗っていいんだね
何マイルも何マイルも 
馬に乗って行っていいんだね

まったく アンタにゃいい妹が居る
彼女は冷たい俺の血を
俺の血を たぎらせてくれたよ
首吊り台にアンタを置いてね

アンタの弟は俺に銀をよこし
アンタの妹は俺の心を求めたよ
俺は楽しいよ
強く紐を引いてね
首吊り台で アンタの妹が揺れてる
強く紐を引いてね
首吊り台で アンタの妹が揺れてる
首吊り台で揺れてる
首吊り台で揺れてる
あははは!
揺れてるよ
ははは!


この歌は映画の後半部分で赤ずきんちゃんのそっくりさんの女の子によっても歌われている。

 なんでこんな暗い歌が繰り返し挿入されるのかと思っていたら、サマンサ・モートンが演ずるマリリン・モンローのそっくりさんが首を吊って自殺するのであった。それにしてもチャールズ・チャップリンのそっくりさんの旦那がどうして奥さんを残して先に帰ってしまったのか、そのあたりがわからん。
posted by しょーじ(の) at 10:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歌詞引用元ブログ主です。
メールアドレスは必須とのことですが、お知らせしたくありませんので実在しないものを書きました。

拙ブログのアクセス解析の流用元から、こちらにたどり着きました。

「歌詞の意味はこちらから引用」
とありますが…

引用された記事のあるブログ記事本文に書いた通り、この歌は発祥地不明の古謡であり、タイトルすら様々で歌詞内容も様々に伝承されています。貼られている動画の歌詞を聴きましたが、私の訳している歌詞とは異なります。

お互い商用サイトではないので厳密にどうこういうわけではありませんが(といっても貴ブログはタイトルといいプロフからのリンクといい商用サイトに繋がっていますが…)、拙ブログには「リンクフリー」とも記載しておりません。ここまでガッツリ、ブログ記事の内容を無視した誤解をまねく形で引用されるのは、気持ちの良い物ではないのですが。

Posted by りーたろう at 2016年11月28日 23:11
とりあえず、この記事に何らかの変更を加えていただくまでは、拙ブログの当該記事は已む無く非公開とすることで対処します。
Posted by りーたろう at 2016年11月28日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128880572
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。