最近の記事

2010年04月07日

警察官の制服についている紐

秋田県警察学校の入校式のニュース映像を見ていて、「警察官の制服って右肩のあたりに黄色い紐が束になってくっついてるけど、あれってイザという時に引っかかったりしないんだろうか」と思いましたので。

飾緒って言うのか。

飾緒〜Wikipedia

飾緒(しょくちょ、しょくしょ、かざりお)とは、一般に軍服の前部から片肩にかけて吊るされる飾り紐のことをいう。いわゆるモール。軍人以外でも警察官や消防吏員、消防団員、海上保安官等が礼装などの際に着用する事もある。


飾緒が示す意味は国や時代によって異なり、地位や役職・資格、所属する部隊や兵科を示すこともあるが、パレードや礼装時の単なる飾りの場合もある。また、表彰の一種として勲章的な意味を持つこともある。軍隊では、地位や役職を示すものとして副官用と正装時の将官用、装飾としては儀仗兵や軍楽兵の式典服に多くの国で見られる。

発祥の由来として元々は地図に書き込みをする要のある副官や、メモを頻繁に取る必要のある伝令将校が鉛筆やチョークなどの筆記具を吊るしておく為のものだったという説がある。その名残とされているのが、胸前部に垂らす紐の先端に付けられている石筆(ペンシル)と呼ばれる飾り金具であり、古い時代の飾緒では実際にこの部分が鉛筆になっている例がある。しかし、それ以外にも馬の手綱やメジャー、あるいはマスケット銃の火皿の火薬滓をかき出すための金具が起源という説もあり、詳細は判然としない。


posted by しょーじ(の) at 18:14| 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。