最近の記事

2012年02月02日

都道府県別、風呂の利用状況

【お風呂大国ニッポンを解き明かす!「冬のお風呂事情調査」結果発表】

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、「冬企画」の一環として、2012年1月9日(月)〜2012年1月15日(日)に行なった「冬のお風呂事情」の調査結果を発表しました。「冬企画」は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト・スマートフォン向けWEB版「ウェザーニュース」の利用者と共に、寒い日本の冬を少しでも楽しく過ごすためのものです。調査では、毎回、冬ならではのテーマが用意され、エリアごとに見られる文化や特性を全国の方と解き明かしていきます。第3回となる今回の調査では、寒い冬には欠かせない“お風呂”に注目、「冬のお風呂事情」というテーマで調査を行い、33,995人(男性41%、女性59%)の有効回答をまとめました。



東北六県の数字を比較してみます。


青森⇒入浴平均時間:36分17秒、湯船に浸かる平均時間:14分45秒

岩手⇒入浴平均時間:31分01秒、湯船に浸かる平均時間:15分12秒

宮城⇒入浴平均時間:29分42秒、湯船に浸かる平均時間:15分21秒

秋田⇒入浴平均時間:29分55秒、湯船に浸かる平均時間:14分41秒

山形⇒入浴平均時間:29分26秒、湯船に浸かる平均時間:15分11秒

福島⇒入浴平均時間:30分01秒、湯船に浸かる平均時間:16分01秒


湯船に浸かっている時間はいずれの県も15分くらいなのに、入浴時間は青森県が他の県を5分程度上回っています。青森県の人はシャンプーしたり身体を洗ったりするのに他の県の人よりも時間をかけて丁寧にやってりるということでしょうか。

また、「お風呂がとても好き」と回答した人の割合が、青森県53.2%に対して山形県が39.9%となっています。(秋田県は47.7%)山形県も温泉の多いところなので、風呂好きの人の割合はもう少し高くてもよさそうな気がするので、意外な結果だと感じました。

posted by しょーじ(の) at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250002026
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。