最近の記事

2012年02月10日

【恋する原発】(高橋源一郎)




・最近の高橋源一郎先生の作品は、大人が読んでいても食道を逆流してくる胃液を抑えるのに難儀するくらい激しい描写でAV業界が登場してくるので、一部の新堂冬樹作品と共に小中学生が手に取ったら「まんず、ちょっと待ででば!」と止めに入りたい。

・「メイキング☆5 恋するために生まれてきたの アイ・ウォズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」で、小学4年生のさおりちゃんがおばちゃんに「一年生には、まず文字を教えないことにするの。だって、文字に気を取られて何も考えなくなってしまうから」とか「文字を覚える前には自分の意見があったのに、文字を覚えた後は、意見が無くなってしまうのよ!」という辺りが一番おもしろいところでした。

・全体読むのがめんどくさいと感じるむきには、途中に挿入されている「震災文学論」を読んで、「神様2011」(川上弘美)や「苦界浄土」(石牟礼道子)が読んでみたり、宮崎駿監督の「風の谷のナウシカ」を観たりすればよろしいかと思われます。
posted by しょーじ(の) at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。