最近の記事

2012年03月05日

ビタミンEの取りすぎに注意

【ビタミンE:取りすぎ注意 骨粗しょう症リスク高まる−−慶大チーム】

ビタミンEを取り過ぎると骨粗しょう症を起こす危険があることを、竹田秀・慶応大特任准教授の研究チームが突き止めた。ビタミンEは、老化防止に有効とされる抗酸化作用があり、最も人気のあるサプリメント(栄養機能食品)の一つ。4日付の米科学誌ネイチャーメディシン(電子版)に発表した。


チームがビタミンEを取り込めないマウスを作って調べたところ、破骨細胞の働きが弱く全身の骨量が多いことに気づいた。そこで、破骨細胞を培養し、ビタミンEを加えると、破骨細胞が巨大化することを発見。解析すると、ビタミンEが破骨細胞の巨大化に必要なたんぱく質の合成を促していることを突き止めた。

 さらに、正常なラットに毎日10ミリグラムのビタミンEを含んだ餌を8週間与えると、骨を壊す細胞の活動が高まり、骨粗しょう症になった。10ミリグラムは、人が1000ミリグラム摂取するのに相当し、主に海外で同量程度を含んだサプリメントが流通しているという。


・ビタミンの取りすぎ分は自然と体外に排出されてるものと思ってました。


・去年までは冬のしもやけ対策でビタミンEのサプリメントを飲んでいたのが、今年は帳場の石油ストーブをワンランクアップさせたところ、あ〜ら不思議。ずっと悩まれていた手足のしもやけがほどんど切れなくなりました。

・そんなわけで、ビタミンEサプリメントの取りすぎで年を取ってから、骨粗しょう症になるリスクが減ったので一安心です。
posted by しょーじ(の) at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255804506
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。