最近の記事

2012年11月08日

2012年ゴールデングラブ賞

【ゴールデン・グラブ賞発表 中日・大島が最多得票 ハムから最多4人】

【第41回三井ゴールデングラブ賞受賞選手】

これと

【日本野球機構】のHPにある守備率、失策数を比較してみます。

・セ・リーグの三塁手。守備率は中日の森野将彦ですが、受賞したヤクルトの宮本慎也が僅差で2位。

・セ・リーグの外野手、中日の大島洋平、読売の長野久義、横浜の荒波翔の3人で、守備率ベスト3に入っているのは誰もいません。しかも荒波翔は失策数で全体の2位です。長野久義と荒波翔は捕殺数でセ・リーグの2位と3位なので、そこが評価されたのかもしれませんが、それなら捕殺数1位のヤクルト、ミレッジが受賞してもおかしくないと思います。

・パ・リーグでは遊撃手で受賞した西武の中島裕之が守備率で5位。「守備ではまだまだだな」と思っていたソフトバンクの今宮健太にも負けています。しかも失策数でも今宮健太を遥かに上回っています。こんな選手をゴールデングラブ賞に選んじゃいけません。

・同様に外野手でもっとも失策数の多い日本ハム、糸井嘉男が選ばれるのもおかしいですね。捕殺数でダントツの日本ハム、中田翔は守備率で8位なので選ばれないのかもしれませんが、守備率で1位、捕殺数でも2位になっている楽天、牧田明久が選から漏れている。これもおかしな話です。
posted by しょーじ(の) at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。