最近の記事

2012年11月25日

皮をたくる

「りんごの皮たくったんて、けー」(りんごの皮をむいたから食べてー)、と言われて、「皮たくる」っていうのは秋田弁かな、と。

【たくるの意味、解説】

三省堂 大辞林

たく・る
(動ラ五[四])

(1)(着物のすそなどを)はしの方から裏返すようにして引きあげる。皮をむく。
「ズボンのすそを―・る」「ひげをむしられ、皮を―・られ/狂言・野老(天正本)」
(2)むりやり奪い取る。ひったくる。
「御堪忍とすがり付き、箒を―・れば/浄瑠璃・堀川波鼓(中)」
(3)動詞の連用形の下に付いて、荒々しく…する、盛んに…するの意を表す。
「塗り―・る」
[可能] たくれる
(動ラ下二)
⇒たくれる


文語活用形辞書
たくる
ラ行下二段活用の動詞「たくる」の終止形。
「たくる」の口語形としては、ラ行下一段活用の動詞「たくれる」が対応する。


下関弁辞典
すそなどをめくる 〜 雨で濡れそうやけぇ、スカートのすそたくっちょこ。


辞書にしっかりと意味が載っているのでしっかりと日本語なのだと思いました。
posted by しょーじ(の) at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ことば・言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。