最近の記事

2007年09月03日

水難事故の救助法

http://bayside.gig.jp/sp/suinan-index.htm

・溺れている人を助けるのに自ら飛び込んで・・・というのは現実には上手くいくものではない。陸地にいながら助ける方法を考えるほうが良いということ。大声で他の人に助けを求めることも大事。

・「入ってはいけません」「立ち入り禁止」と注意書きをして、柵・フェンスなどを設置してあるところでも、浮き輪や板など救命具を備えておく必要があるのではないかと思いました。
posted by しょーじ(の) at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | お役立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53749963
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。