最近の記事

2008年07月03日

怪獣アントラーの名前の由来

【「鹿」「角」の縁?、カモシカ御用 観光ふるさと館「あんとらあ」】

 鹿角市花輪の鹿角観光ふるさと館「あんとらあ」敷地内に2日、カモシカが出没、館内に逃げ込んだが、約2時間半後に鹿角広域消防署員らが捕獲し、八幡平地区の山に返した。館内にあるせんべい店の店長・田代栄一さん(51)は、「『あんと「らあ』(英語でシカの角の意味)だけに、これも何かの縁かな」と話していた。


・「アントラー」で思い出されるのは鹿島アントラーズとウルトラマンに出ていた怪獣アントラーです。

・「鹿島」→「シカの角」→「アントラー」でチーム名になっているのは誰しも納得するところですが、怪獣アントラーは見た目はどう見ても巨大化した昆虫なので、どこがシカと関係するのか?と不思議に思っていたところ以下に解答がありました。

顼【アントラー 怪獣wiki特撮大百科事典】
●名前の由来は『蟻地獄』の英名「ANTLION」から。



posted by しょーじ(の) at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

ウッカリカサゴは何がウッカリなのか?

・最近,良く耳にするテレビCMで

 「あかまんぼ〜 う〜 うっかりかさご〜 ごまふあざらし〜♪」

 というやつがありますが、「うっかりかさご」なんて冗談みたいな名前だと思っていたらほんとにいるんだな。

【うっかりかさご 由来】で検索したら、


 もしかして: ウッカリカサゴ 由来

と、グーグル様にカタカナで書けと注意されますた。

【ウッカリカサゴ 市場魚貝類図鑑】

この中に名前の由来がありました。


なぜ「うっかり」かというと、安倍宗明(著明な魚類学者)が和名を整理、名づけることにいそしむうちに、ほとんど名づけ終わったと安堵していたら、なんと毎日見なれたカサゴが別種であり、これを発表し忘れていた。「うっかり論文を発表し忘れたため」。
「他のカサゴとうっかりすると区別がつかないカサゴ」でウッカリカサゴになった


つまり、うっかりしてたのはウッカリカサゴではなくて、名前をつけた安倍宗明さんのほうだったという話ですね。
posted by しょーじ(の) at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

「ファットスプレッド」とは何か

・「雪印ネオソフト」ってマーガリンだと思っていたらパッケージに【ファットスプレッド】って書いてあったので、どこが違うのかと。


【ファットスプレッド〜Wikipedia】
ファットスプレッド(fat spread)とは、油脂を主成分とするスプレッドの一種。JAS規格(日本農林規格)では、マーガリン類に属するもののうち、食用油脂の割合が80%未満のものをいう

マーガリンよりも水分が多く、マーガリンに比べて柔らかいため塗りやすいが、火を使う調理には不向きである。 マーガリンとの違いとして、果実、果実加工品、チョコレートなどの風味原料の使用が許可されている
posted by しょーじ(の) at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

北朝鮮のアナウンサーのしゃべり方について

【彼らはなぜあの感情を込めた雄叫び調で喋るのか?】


・北朝鮮で1988年2月に発行された「放送員話術」というアナウンス教本ともいえる本の中に、

言葉の気迫は、我が放送話術の基本属性の1つである。それは、我が放送の使命と役割から必然的に流れ出てくる革命的本質と関連する。我が放送は、偉大な金日成主義を実践する最も鋭利な思想的武器である」とある。そして「我が放送はまた、社会政治的雰囲気を作り上げ、大衆を偉大な領袖(金日成主席)の教示と、親愛なる指導者同志(金正日総書記)のお言葉、その具現である党政策貫徹へ一丸となって奮起するよう組織動員するのに重要な役割を担っている」と述べた上で、金正日総書記の言葉として「もちろん、放送内容によって強く叫んで話す場合もあり、順々に解説するように話すこともあるでしょう。しかし、どんな場合でも放送員が言葉で気迫を失ってはいけません


と、書かれていてアナウンサーの皆さんはそれを忠実に守っていると。
posted by しょーじ(の) at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

キビヤック

【発酵食品の魅力紹介 横手で全国サミット開幕】

・発酵食品ですぐに思い浮かぶのは、味噌・醤油・漬物・ヨーグルトなどですが、この世には日本人が口にすることがない発酵食品があるんじゃないかと「世界 発酵食品」で検索したら「キビヤック」というものを見つけまして、その製法と食べ方を知り15分ほど卒倒しました。

【キビヤック】
キビヤックは、カナディアン・イヌイットの伝統的な発酵食品です。

海ツバメの一種であるアパリアスという海鳥を、肉や内臓を抜き取ったアザラシの腹の中に羽がついたまま詰め込み、土の中に埋めて数ヶ月から1年ほど発酵させたものです。

キビヤックを食べるときはアパリアスの尾羽を引き抜き、肛門に口をつけて発酵した体液を吸い出します。

臭いは強烈ですが美味とされ、カナディアン・イヌイットの貴重なビタミン源として食されてきました。
posted by しょーじ(の) at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

栃木の旧国名・下野はどうして「しもつけ」と読むのか

【旧国名由来】、というのがあった。そこには、
栃木:下野(しもつけ)
「毛野(けの)国」が上下に分裂してできた。この二つの中では下野のほうが京都から遠いため、「下毛野(しもつけぬの)国」となり、これが転じた。「毛」に関しては「穀物」という意味を持ち、つまり「穀物が取れる国」という意味。また、紀伊国の人が移住し、「紀」が「毛」になったという説もある。


・それならば「毛」の字を残して「下毛」で「しもつけ」とするほうが適当なんじゃないかと思いつつ、Wikipediaのお世話になると、

【下野国〜Wikipedia】
古代の毛野国(けぬのくに)の分割によって、現在の栃木県西南部にいたる下毛野国(しもつけぬのくに)として成立した。国造は下毛野君である。7世紀に北東部の那須国をあわせ、現在までの領域が確定した。

713年に施行された諸国郡郷名著好字令によって、全国の国名が漢字2文字に統一された。その際、下毛野国から「野」をとって下毛国にしようとしたが、下毛の国では印象が悪いため、「毛」をとって下野国となった。読みは「しもつけ」のままである。上野国は「下野」に合わせて決められた。


・理解した。
posted by しょーじ(の) at 10:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

国や地域によってお札の数え方が異なる




How People Count Cash? - video powered by Metacafe


・お札の数え方なんてものは万国共通だと思っていたら、普段私たちがやってるのと同じことをやってるのは韓国とか中国とかシンガポールの人くらいだと知ってたいへん驚いた。




posted by しょーじ(の) at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

「女子高生」は伊藤ハムの登録商標です。

【「女子高生」は伊藤ハムの登録商標です。】

・上記の記事がスラッシュドット・ジャパンにありました。

・「女子高生」の他にもいろいろ見つかるんじゃないかと考えたので特許電子図書館サービス一覧33 商標出願・登録情報で検索

@女子大生
・清水敬二郎さんが商標登録しているようです
・たぶんこの人かと ⇒keijiro shimizu works

A美人秘書
・オリンパス光学工業の登録商標です。

B若女将
・株式会社小松製菓の登録商標

posted by しょーじ(の) at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

江戸時代の駕籠(かご)に関して

 時代劇を見ていた「せんせい」が「駕籠に乗っている人は中で結構揺れるからよいでない(容易でない)よな」と言うので、そう言われりゃそうだな、でも参勤交代なんていうとお殿様とかお姫様とか駕籠に乗ってるよな、駕籠の中では確か紐がぶらさがっていてそれにつかまって揺れに対抗してるはずだとか、乗ってるときはひざを追っているのかとか、馬に乗るとか馬車とか牛車とかのほうが楽なんじゃないのかとか。そういう話で盛り上がりまして。

ネットを検索すると、そういうことを疑問に思った人はすでにいたわけで、


【 参勤交代で大名は駕籠に乗るわけですが 】(Yahoo!知恵袋) 
中は真っ暗なのでしょうか。
長時間大名は何してるのでしょうか
小さいし、疲れると思いますし、
暗いので読書もできないので、ボーっとしてるか昼寝でもするしかないのでしょうか。

駕籠はかなり疲れる乗り物で振動も酷かったそうです。
かといって乗っている時に出来ることなど限られるので忍耐で耐えたようです。実は参勤の行列には藩主用の乗馬もつれているので場合によっては騎乗したり稀には歩いたりもしたそうです。
距離がある場合疲労が気になりますが西国の大名は参勤交代では瀬戸内海などでは船を利用したそうです。


【江戸時代の駕籠】(おしえて!HOME'Sくん)
駕籠自体、相当重そうなのに、人を乗せてかなりの距離を走る。
昔の人の体力には感心するものの、乗ってる方も乗り心地悪そうだし、二人分の人件費がかかります。
なぜ人力車のように、車輪をつけようと思わなかったのでしょうか。大八車とか、牛車とかはあったわけで、車輪の概念はありますよね?
何かの理由で幕府が禁止していたのですか。

江戸については幕府が人の乗る車を禁止していました。京都でも御所車以外では、牛車は人間が乗ることを禁じられていました。
言い方は悪いのですが、駕籠かき人足の「既得権益」を守るためです。実際、明治になって馬車の解禁の際、かなり揉めています。



【江戸時代に車(車輪)を使う乗り物が発達しなかったのはなぜ?】(教えて!goo)
明治になって人力車が普及するまで、身分の高い人の乗り物は駕籠だったと理解しています。
駕籠は担ぐ人も大変だし、乗っている人も楽ではなかったと思うのですが、なぜ車(車輪)を使う乗り物が発達しなかったのか、不思議です。
江戸時代でも荷物を運ぶのには大八車などがありましたし、さらに古い時代には貴族は牛車に乗っていた時代もありました。
ですから、車輪を使う技術を当時の日本人が知らなかったわけではなさそうです。
しかし、なぜか、人を乗せる乗り物には車輪の付いたものは現れませんでした。
これは何か、理由があったのでしょうか?

ついでにですが、何故日本では馬車が発達しなかったか考えてみました。
当初馬の「去勢」が一般的ではなく、操るのに難しいといった理由かな、と思ったのですが、どうもこれも政策的なもので、幕府の物資運送を担当する「馬方」や「船方」の権益を保護するため,幕府が街道筋での車両の使用を厳しく制限したことによるようです
その為、こうした規制の無い戦国時代には「荷車」といい、馬が2輪の車をひいて軍事物資を運んでいるようです。
4輪の馬車が使われるようになったのは明治時代からで、実は私も昭和30年頃、家の前を馬が材木を載せた馬車をひいて通るのを見ておりました。
一応政令指定都市のど真中ですが、昭和30年代は馬が都心を通るのも珍しくなかったのですね。



posted by しょーじ(の) at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

「警察庁」と「警視庁」の違い

【警『察』庁? 警『視』庁】

【警察庁と警視庁】

警察庁と警視庁、この二つは非常に似ていますが、警察庁は国の機関であり警視庁は東京都の警察機関です。神奈川県警や茨城県警と同列なのが(東京都)警視庁であり、これら警視庁や県警は警察庁の指導のもと動いています。


・警視庁は東京都警とでもいうべき存在で、警察庁の下部に属する組織と言うわけですね。
posted by しょーじ(の) at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

「四ツ小屋」とか「二ツ屋」とかの地名について

・年末に年賀状を書くのに住所録を整理していたら、他の都道府県はどうかは確認していないが、秋田県内においては「二ツ屋」「四ツ谷」「四ツ小屋」などの地名はあるけども「三つ」「三ツ」のつく地名はないな、その理由が知りたい、と思ったのでグーグル様に検索をお願いしたら、以下のページを教えてくださいまして。問題の解決にはちょっと遠かったけども面白い内容だった。

【9月の教養講座 霞ケ関の腐敗あるいは四谷怪談】

・「霞ヶ関」なのか「霞ケ関」なのか、「四ツ谷」なのか「四ッ谷」なのか該当駅なのに表示が二通りある。

・日本全国の「○ツ△」という地名は、「○ツ△」「○ッ△」「○つ△」の三通りの表記があるが、正式住所において「○ッ△」と表記されるのは以下の二ヶ所(これもどう表記するか迷ったw)だけ。

 
●静岡県島田市三ッ合町
 ●愛知県北設楽郡東栄町大字振草字下粟代下ッ沢


・すると、「四ッ小屋」と書いたりするのは間違いなんだな。
posted by しょーじ(の) at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

なぜ、魔女はいて魔男はいないのですか?

【なぜ、魔女はいて魔男はいないのですか?】(Yahoo!知恵袋)

・キリスト教以外を信仰したり、教義を否定したりしたものがWicth=悪魔と交わり、悪を為すもの といわれてたので男のWictchもいたのだけど、男尊女卑の中世ヨーロッパでは実際に魔女として処刑されるのは女性のほうが多かった、ということのようで。
posted by しょーじ(の) at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

アメリカの州旗

・日本の各都道府県に県庁所在地があってそれぞれの県のマークがあるように、アメリカの州にも州都があって州旗があるんじゃないかと検索。
・カリフォルニア州の州都って当然ロサンゼルスだよな、と思い込んでいた私は事実を知って愕然としたのであった。いや〜もの知らね〜w

【アメリカの州都】
posted by しょーじ(の) at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

食用としてのゴキブリ

・「ゴキブリをフライヤーで揚げてもなかなか死ななかった」と日記に書いたのはウソでした、とケンタッキーに本人が謝罪したとか
htmlhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/06/news036.html
それを受けての「私は偶然フライヤーでゴキブリをあげてしまったけど死にましたよ」とか
http://d.hatena.ne.jp/white_cake/20071208/1197091484

そういう記事を読んでいたら、果たしてゴキブリは食用にできるのか、実際に食ってる国や地域があるのかと思ってグーグル様に検索をお願いしました。

【食用・薬用としてのゴキブリ類】
以下に引用

ゴキブリ類の起源は石炭紀にさかのぼり、新参の人類とのつき合いはまだ短い期間にすぎません。しかし、 一部の種類は野外から屋内への進出に成功し、近代の交通機関と暖房の発達で世界的な“おじゃま虫”になりました。

 ゴキブリ類は雑食性で腐敗食品まで食べて不潔ですが、それも実情は“洗わない手”と大差がなく、 人間の食物を盗むといっても量はたかが知れています。それにしては日本人、とりわけ主婦のゴキブリ嫌いは度を越しています。 しかも嫌われる最大の理由は、その姿や形が気持ち悪いという、あいまいで身勝手な点にあるようです。

 今回はゴキブリ類を食べる話ですが、この連載は新たな食料資源の模索がテーマで、悪食の紹介ではない点をお含みおきください。

 ゴキブリ類は無毒で味も良いと、百年ほど前までは世界各地で食べていました。畏友・小西正泰氏の調査から一部を紹介します。

 ……ロンドンではゴキブリのペーストをパンに塗って食べていた。イギリスの船員は船の中でゴキブリを捕らえ、 生で食べた(小エビのような味という)。タイの少数民族の子供たちはゴキブリの卵鞘を集めてフライにして好んで食べる。 中国南部では古くからゴキブリを食べていた……などなど。

 さらに薬用となると、真偽はともかく効用は万病に及びます。

 ……ゴキブリとナメクジとブタの胆汁を混ぜて梅毒に(中国)、ゴキブリ煎茶が破傷風に(アメリカ)、ゴキブリ酒が風邪に (ペルー)、黒焼きが寝小便、つぶして霜焼け軟膏に(日本)等。しかも、これらはすべて迷信ともいいきれません。 ヨーロッパでは昔、チャバネゴキブリで作った心臓薬が広く市販され、その有効成分には腎臓の分泌機能を活性化させる作用があることが分かっています。 また、中国では野生のチュウゴクゴキブリが血管拡大の特効薬として、乾燥品や生品が現在もさかんに売られています。

 欧米人はホタルや鳴く虫に無関心ですが、ゴキブリなどへの嫌悪感も希薄です。ゴキブリを家の守護神として引っ越しの時に何匹か連れていったり (英国)、熱帯の特大のオオゴキブリをペットに飼ったり(アメリカ)する例もあります。あるいは、 身近な生き物に無関心ではいられない日本人の特性から、そのゴキブリ嫌いと鳴く虫を愛する感性は同根かも知れません。 試食までは薦めませんが、せめて日本人はこの生物界の大先輩に、もう少し寛容になれないものでしょうか


「もう少し寛容になれないものでしょうか」・・・って、絶対無理ですw
posted by しょーじ(の) at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

ダルビッシュは漢字でどう表記されるのか

【2007第24屆亞洲棒球錦標賽1】

ダルビッシュ有達比修有

・ちなみに、日本ハムは日本火腿
posted by しょーじ(の) at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

外国名の漢字はいつ誰が決めたのか

【仏蘭西や、亜米利加など、国名を漢字にできますよね。その漢字は何時頃に誰がきめたんですか?】

江戸時代にはすでにオランダ語やスペイン語、ポルトガル語の辞書が完成されていましたが、そこに表記されている国名はそのときに決定されたものではなく従前から江戸時代の辞書やその元となる節用集で広く紹介されてきたものです
 国名を含め外来語が日本に紹介されるのは中国語経由、オランダ語経由、インド語経由、ポルトガル語経由、韓国語経由、東南アジア諸国語経由など遠く奈良時代以前に文献を求めることができます。
 
 さて、江戸時代の辞書の元となった節用集ですがこれは「室町時代に作られた実用的国語辞書。著者不明。ことばの読みからそれに当たる漢字を求めるようにしてある。簡便なため、江戸時代に広く用いられた。」と定義されています。  15世紀室町時代に作られた節用集の中にはすでに「印度インド」の文字が見えます。この節用集には節用集祖本から転写された「伊勢から始まる伊勢本」と、なんと「印度から始まる印度本」がありました。

さらに時代を遡ると、この節用集の元となった下学集、聚分韻略にその源を求める ことができます


節用集

聚分韻略
posted by しょーじ(の) at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作曲家の漢字名

【作曲家の名前を漢字で書いたら】

・ハイドン⇒灰丼 とか モーツァルト⇒一物有人 などはダジャレなので当てにはなりません。

・ハイドン⇒【海頓】 モ−ツァルト⇒【莫札特】が中国語の正しい表記のようです。
posted by しょーじ(の) at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

世界のヘンな地名50

【50 Most Bizarre City Names around the world】

・性的な意味を持つ言葉が地名として使われているところが多いのでちょっと紹介しづらいです。

・無難に41〜50のあたりを引用

Hygiene (Colorado, USA)⇒衛生

Bird in Hand (New Mexico, USA)⇒手の中の鳥

Embarrass (Minnesota, USA)⇒邪魔してください

Plain City (Utah, USA)⇒質素な都市

Okay (Oklahoma, USA)⇒おーけー

Normal (Illinois, USA)⇒普通

Odd (West Virginia, USA)⇒奇妙な

Hooker (Oklahoma, USA)⇒フッカー

No Name (Colorado, USA)⇒名無し

Hot Water (Mississippi, USA)⇒お湯


・11 lanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogoch (Wales)は世界で最も長い地名として多くのところで紹介されてますね。

・21 Taumatawhakatangihangakoauauotamateapokaiwhenuakitanatahu (New Zealand)

ニュージーランド・ホークスベイ地方南部にあるマンガオラパ (Mangaorapa) の近くにある高さ305mの、(そうでなければ目立たない)丘の名である

と、グーグル様が教えてくださいました。
posted by しょーじ(の) at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

鳥じゃないヤマドリがいる

【名前 紛らわしい】で検索していたら

紛らわしい名前の生物を教えてください(教えて!goo)、というのがあって、それに対する解答の中に

異物同名の場合
ミヤコドリ 鳥類と貝類
ホトトギス 鳥類と貝類
ヤマドリ  鳥類と魚類
クロサギ  鳥類と魚類
ヒイラギ  魚類と植物
スギ    魚類と植物
など


とあったので、秋田の県鳥であるところのヤマドリを語る魚類とはどんな生物なのか検索してきました。

ちなみに鳥類のヤマドリはこちら
yamadori-1.jpg

魚類のヤマドリは、鳥類写真資料データベースから。
yamadori-2.jpg

・ヤマドリ(魚類)は○○ゴチとか○○ヌメリとかの名称の魚が多いネズッポ科に属する魚だそうです。ネズッポなどとネズミっぽい名前だなと思っていたら、ちゃんとネズミゴチという名前の魚もおりました。
posted by しょーじ(の) at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

数え年について

・数え年では生まれた時に一歳で、正月が来ると二歳になることは知っていましたが、どうしてそうなるのかを知らなかったので検索してきました。

【MCプロデュース:享年・行年】

数え年の計算方法は、生まれた歳を1歳として、年が変わるたびに1歳ずつ加齢します。
現在の役所関係では満年齢表記が基準ですが、では仏教では何故数え年なのか?
(昭和25年12月22日までは数え年が正式表記でした)
それは母親の胎内に命が宿った時から計算するからです
呱々の声を上げた時が誕生ではなく、お腹の中に存在する時から大切な命として
カウントしているわけですね。
お腹の中に存在するだけでは、人間の命としてカウントしてもらえない
現在のお役所仕事とは明確に一線を画しているのです

posted by しょーじ(の) at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 知識・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。