最近の記事

2010年09月25日

サッカー+卓球なスポーツ




勢い余って角っコさ、頭をぶつけて泣きを見そうである。
posted by しょーじ(の) at 12:44| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

秋の高校野球県大会ベスト4

大曲工など準決勝へ、秋季高校野球県大会第4日
http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20100922sa

・準々決勝で秋田と金足農が負けたので、ベスト4に秋田市勢の姿なし。春秋通じて、高校野球ベスト4に秋田市の学校がひとつも残っていない、というのは初めて見た。

・横手と横手城南が準決勝であたるので、少なくとも横手市の高校がひとつ東北大会に出るのは確定。それにしても横手城南が勢いあるんじゃね?

・もうひとつの準決勝は、大曲工と大館鳳鳴。特に大曲工はここしばらく甲子園を狙えるチームを作っていながらいいところで敗退が続いているので、ここを逃したら永久に甲子園とは縁がない、というくらいの気持ちで東北大会を戦ってもらいたいです。
posted by しょーじ(の) at 20:22| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

能代高校おめでとう!

【能代が2度目の優勝 全国高校軟式野球】
第55回全国高校軟式野球選手権大会最終日は30日、兵庫県明石市の明石公園野球場で決勝を行い、北東北代表の能代が2−1で四国代表の新田(愛媛)にサヨナラ勝ちし、1982年以来28年ぶり2度目の優勝を飾った。



・準決勝で過去二大会連続準優勝の東海地区代表中京高校を延長18回サヨナラで下し、決勝では大会三連覇を目指していた作新学院に勝ってきた愛媛の新田高校に勝っての優勝だから、素晴らしいです。

・秋田県の高校硬式野球が夏の大会で成績が振るわない状態が続いているのはなんでもかんでも毎年代表校を送り続けているからじゃないかと思った。

・東北大会で決勝まで残らなければ出られないセンバツや、山形県代表に勝たないと出られない軟式野球のほうが全国大会で好成績を収めているので。


posted by しょーじ(の) at 19:22| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

能代商が25年ぶり2回目甲子園

http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/f-bb-tp3-20100724-657595.html

ノーシードの能代商が第1シードの秋田商に5−4で逆転勝ちし、25年ぶり2回目の甲子園出場を決めた。2点を先行されたが、5回表2死二、三塁からに菊池飛鳥一塁手(3年)の右前2点適時打で同点。続く石井翔成三塁手が(3年)が中前に逆転適時打を放った。7回に追いつかれたが、8回表1死一、三塁から代打の平川賢也(1年)が左前に決勝打を流した。

 投げては、2年生エース保坂祐樹が13安打を浴びながら4失点と粘って完投した。工藤明監督(34)は「夢のよう。粘って終盤に追いつき、ひっくり返す能代商の野球ができた」と感無量の表情。13年に女子校の能代北と統合される前に、悲願の再出場を果たした。



・25年前ってどのくらい前だったのかと記録を見ると、金足農が全国大会の準決勝でPL学園の桑田&清原の1年生コンビに負けた翌年に能代商が甲子園初出場してた。この間に、桑田と清原はプロになりあれこれあって、すでに引退してるんだから、25年って長いなあ、と。
posted by しょーじ(の) at 20:24| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

指名権トレード

【信平ら4人を指名】

プロバスケットボール・bjリーグのドラフト会議が8日、東京都港区のホテルで行われ、今季から新規参戦する「秋田ノーザンハピネッツ」は能代工業高校出身の信平(のぶひら)優希選手(23)ら4人を指名した。今後は各選手と入団交渉を進めつつ、外国籍選手の獲得にも乗り出す。



bjリーグのドラフトの仕組みがよくわかってないので、公式ブログを見た。

【ドラフト指名選手決定のお知らせ】http://bjleague.livedoor.biz/archives/51565513.html


この中に


また、会議に先立ち「ドラフト会議2010」の秋田1巡目指名権の金銭トレードが、以下のとおり合意に達しました。

秋田 1巡目指名権 → 新潟
※これにより、新潟は1巡目3位の指名権を保有します。


とあった。指名権のトレードなんて初めて聞きました。

Wikipediaで「トレード」を見ると

bjリーグ、NBAなどのプロバスケットボールでは、選手の契約期間中に他球団に選手契約を譲渡する場合をトレードと呼ぶ。選手契約の譲渡後、当該選手と前所属球団との権利・義務は、トレード先の球団に移転される。交換及び金銭トレードの他に、優先交渉権、ドラフト指名権などを引き換えに行うトレードもある。


と、bjリーグにおいて「ドラフト1巡目指名権」のトレードは過去に何度も行われていたようです。


新潟が秋田にいくら払ったのか気になるところです。

posted by しょーじ(の) at 09:09| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

サッカー日本代表

【W杯代表に本田・岡崎ら23人…4回目川口も】
http://www.yomiuri.co.jp/wcup/2010/news/japan/news/20100510-OYT1T00709.htm?from=main1

・カーリングなんかは「決勝で勝ったチームが日本代表」なのに、サッカーや野球は経験や実績を踏まえて「日本代表決定」なんだな〜と、ふと思いました。個人種目でも柔道なんかのように大会で優勝したのに「経験と実績のある」負けたほうがオリンピック代表になった、なんてこともありましたが。


【サッカー日本代表を外れた主な選手】
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100510-00000013-jij_van-socc

▽GK 西川周作(広島)
 ▽DF 徳永悠平(F東京)槇野智章(広島)栗原勇蔵(横浜M)
 ▽MF 小笠原満男(鹿島)小野伸二(清水)石川直宏(F東京)山瀬功治(横浜M)香川真司(C大阪)
 ▽FW 前田遼一(磐田)田中達也(浦和)興梠慎三(鹿島)佐藤寿人(広島)平山相太(F東京)


・このメンバーと日本代表に決定したメンバーで試合をやって勝ったほうが代表、ってのが見てみたいです。
posted by しょーじ(の) at 09:47| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

楽天に2連勝

【高橋の2号満塁弾で日本ハム3連勝】

・いい形で12日からの交流戦が迎えられそうです。

・交流戦が終わった頃には、@3位と5ゲーム差以内の4位A借金がヒトケ桁 になってることが目標。

・そんなことより、ファームではケガ人が続出で野手が足りない状況になってるようで。
【ファームは緊急事態!?〜豊島明好オフィシャルブログ】
さて、今ファームは緊急事態です。

ケガ人も続出する中で野手の人数はもう9人しかいません!!


そうです!つまり指名打者制をつかうファイターズは9人野手を使うともう野手の控えはいません。


野手1人でも負傷などがあれば投手がいくことになります!


なので投手もバッターに立ったり守備についたりすることがあるということを頭に入れておいてくれと言われました。


ケガ人などが出ない限りないんですが野手もこのままで続けると疲労もたまりケガもしやすくなるので心の準備をしっかりしておきたいと思います。


posted by しょーじ(の) at 19:08| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

オリックスに初勝利

【【日本ハム】オリ戦初勝利で連敗ストップ】

日本ハムが連敗を3で止めた。先発のボビー・ケッペル投手(27)が、来日最長の8回を投げ7安打1失点と好投。「真っすぐを低めに集めて、ゴロを打たせることが目標でした」と笑顔で振り返った。5度目の対戦でオリックス戦今季初勝利となり、梨田昌孝監督(56)も「どんな勝ち方でも、勝てばすべてが許せるから」とホッとしていた


・ケッペルは十分につかえるメドがついた試合でした。できることならもっと接戦で勝っていって欲しい。

・小谷野6打点の大当たり。

・9回の裏、10点差があるのにウルフが出てきたら何故か心臓がバクバクした。結果、0点に抑えたがオリックス打線はいつでも攻略できますよといいたげなバッティングだった。先頭バッターに初球をヒットされるってリリーフピッチャーとしておかしいと思う。
posted by しょーじ(の) at 23:18| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

ファイターズ借金10

【日本ハム早くも借金10 昨季王者が100敗ペース】

【日本ハム最速2位の屈辱 巻き返しは可能なのか?】

【日本ハム3―7西武】日本ハムが4連敗で借金が10に膨らんだ。過去のパで前年優勝チームがシーズン途中に借金10となったのは62年南海、64年西鉄、05年西武の3度しかなく、今季の日本ハムは4チーム目の不名誉(前後期制時は除く)。21試合での到達は、62年南海の18試合目(4勝14敗)に次いで早い。もっとも同年南海は最終的に73勝57敗3分けの2位と奮起。まだ序盤だけに巻き返しは可能だ



・確かに首位の千葉ロッテとは10ゲーム差だが、プレーオフ圏内には6ゲーム差。オールスターまでに勝率を5割に戻してくれれば良い。


・こうした状況を見るにつけ、去年の9番金子の打率三割ってのはほんとにすごいことだったんだなと思う。
posted by しょーじ(の) at 10:13| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

シカゴホワイトソックス、マーク・バーリー投手のファインプレー




ピッチャー強襲の当たり
 ↓
ファールラインを越えて捕球
 ↓
股下からファーストにグラブトス
posted by しょーじ(の) at 17:14| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

プロ野球、パ・リーグ開幕

【中田が打った!2点適時打!】
<日本ハム3−5ソフトバンク>◇20日◇札幌ドーム

 初の開幕1軍スタートの日本ハム中田翔内野手(20)が「7番左翼」で先発出場した。6回無死二、三塁で相手先発の杉内から中前へ2点適時打を放ち、1点差に迫った。「悔いが残るスイングだけはしないようにと思って打席に立ちました。打球が落ちた瞬間は頭の中が真っ白になりましたね」と振り返った。


・ダルビッシュ完投で5失点。最初から球数が多かった。それでも13奪三振。

・去年の開幕カードを楽天に3連敗したチームなので、その点では心配していない。

・中田の暴投だとか糸井の牽制アウトだとか、悪いところが最初に出ていて良かった。
posted by しょーじ(の) at 08:17| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

敬遠について

【プロ野球におけるカッコ悪さって? 敬遠は人気凋落の理由のひとつ】
(via incomplete blue

・バッターを敬遠するってのは、次のバッターの方が打ち取りやすいということもあるだろうけど、今は守りやすい、アウトカウントが取りやすいって理由の方が大きいんじゃないかと思います。

・ファイターズの打線はどの打順からでもどんな攻撃でも仕掛けられるので敬遠するだけ無駄です。
posted by しょーじ(の) at 21:11| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーストラリアの視覚障害選手



(via エルエル

・オーストラリア勢として初めてのメダルだそうです。

・前を滑っているスキーヤーが後ろを滑る選手に無線で指示を出しているらしい。やはりパラリンピックでも旗門不通過は失格になることを考えると、相当な練習を積んだに違いない。
posted by しょーじ(の) at 20:28| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

カーヌスティの悲劇

ニコニコ動画で【スポーツ名場面集】タグの動画に「カーヌスティの悲劇」というのがあった。

最終ホールで3打差追いつかれるなんて初めて見た。

1999年の大会で、ジャン・ヴァン・デ・ベルデ(フランス)は2位に3打差をつけて最終18番ホールを迎えていた。誰もがヴァン・デ・ベルデの優勝を確信していたが、ティーショットで右に大きく曲げて隣のホールへ。無理してグリーンを狙った2打目は観客席を直撃して深いラフの中に入ってしまう。そして3打目。ダフリ気味のボールは無情にもクリークの中へ。すっかり冷静さを失ったヴァン・デ・ベルデはクリークの中に入って水切りショットを試みようとするが、無謀なのは明らかで結局1打罰を払い、5打目に賭けることとなる。5打目もクリークをこえたものの、バンカーにつかまり結局6オン1パットのトリプルボギーを叩き、プレーオフになってしまった。結局プレーオフでも敗れ、まさかの大逆転負けを喫してしまった。
(Wikipedia〜カーヌスティ・ゴルフリンクス)







posted by しょーじ(の) at 21:47| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

国母和宏選手

スノーボードのオリンピック代表、国母和宏選手のずいぶんとだらしない様子が報道されている。

【国母の態度にJOC関係者もおかんむり…スノーボード】
スノーボード・ハーフパイプ(HP)代表が9日、バンクーバー空港に到着した。成田空港出発時から服装の乱れが目立っていた国母和宏(21)=東海大=だが、決戦の地に降り立っても、変わらない。その、代表らしからぬ容姿に、周囲から不満の声も上がった。

 ドレッドヘアに黒いサングラス。日本選手団の公式ブレザーを着ているにもかかわらず、ネクタイは緩め、シャツはズボンから出し、そのズボンはだらしなく下がる。テレビ取材で質問がトリノ五輪金メダルのスノボー界のカリスマ、ショーン・ホワイト(23)=米国=に及ぶと態度を硬化。その後の質問に対し「分かりません」「別に」と繰り返し、新聞の取材に答えることなくバスに乗り込んだ。

 これには「服装もひどいが態度も悪い」とマスコミ関係者から不満続出。4年前のトリノ五輪では期待されながら全員が予選落ち。おまけに選手村の壁を壊すなど悪態をついたスノボー代表。10日に公式会見を控え、「チーム責任者の指導が悪い。注意する」と、JOC関係者もおかんむりだ。

 日本代表ハンドブックには「公人としてのあなたの行動は、すべての人が、常にどこかで見ていることを忘れてはなりません」と記載されている。目立つのは試合だけにしてほしいと思うが…。


いったいどんな選手なのかとWikipediaを見ると、

2006年、トリノオリンピックハーフパイプ日本代表に選ばれたが、記者会見で他のハーフパイプ日本代表選手を馬鹿にした発言をしたり、選手村での生活態度が悪かったため非難を浴びた。その上に肝心の本番も23位(予選落ち)に終わった


4年前もずいぶんと態度が悪かったようです。こんな選手が運良くメダルを取ったところで別に嬉しくもなんともない。

去年の事業仕分けのときにボブスレーやリュージュへの予算を削減するという話があったけど、それならばハーフパイプへの予算を削るとか今後オリンピックを初めとする国際大会に選手は派遣しない、行くなら自費で行って下さいくらいの処分は下してもいいんじゃないかと思います。
posted by しょーじ(の) at 23:25| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

昔のドラフトは入団拒否が多かったようです

オリックスの小瀬選手が転落死した件に関するブログ記事→http://newspo.seesaa.net/article/140426405.html
の中に、
現役プロ野球選手の自殺は、恐らく湯口敏彦選手以来と思われます。
湯口選手はドラフト1位で巨人に入団した左投手(背番号19)。
72年の紅白戦で打者一巡・2ホームランの滅多打ちを浴び、川上哲治監督と中尾碩志二軍監督から激しく叱責されて鬱病に。
73年のキャンプ初日に再び精神的な異変が現れ、東京の病院で治療を受けていたが、3月22日に変死します。

この際の川上監督のコメントが
「巨人こそ大被害。大金を投じた選手なんですから。せめてもの救いは、女性を乗せての交通事故でなかった事」

この年のドラフトでは巨人が指名した7人中4人が入団拒否しました

と、書いてあった。

 7人中4人に入団拒否されるなんて、巨人にも不人気な時代があったんだな〜、どんな選手が入団拒否したんだろうかと、Wikipediaで1973年ドラフト会議を見る。

http://ja.wikipedia.org/wiki/1973年度新人選手選択会議_(日本プロ野球)

会議前日、日拓ホームフライヤーズが日拓ホームから日本ハムに売却される。日拓球団は前年ドラフト会議終了後に東映から買収されたものであるため、一度もドラフト会議に参加すること無く消滅したことになる。また、本会議当日の時点では翌季からの新愛称「ファイターズ」は未だ名づけられていない。

かねてから大学進学を表明していた作新学院高の江川卓を阪急が1位で強行指名するも江川サイドはこれを完全拒否、「怪物・江川卓」のドラフト会議を巡る悲喜劇の第一幕である。

読売のドラフト指名に対し上位3人が揃って入団を拒否した。特に読売の1位指名を拒否したのは後にも先にもこの年の小林秀一だけである。


これを見ると指名した選手が全員入団したのはヤクルトアトムズだけで、他の球団は半数近くが入団拒否ってのが殆どだったようで。

例えば、太平洋クラブは1〜3位までが入団したものの4〜8位が入団拒否。中日は3〜6位が入団拒否。阪神は3〜5位と7位が拒否。

これは、この年に限って見られた傾向なのかと、前後の記録を調べてみると、1973年のときほどではないが、1972年の時も1974年の時も各球団で一人か二人は入団を拒否している。

強行指名が多かったんだな〜。


 


posted by しょーじ(の) at 16:40| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

箱根駅伝往路

posted by しょーじ(の) at 18:56| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

陽仲壽のプロポーズ



ファイターズの内野手、陽仲壽(→最近改名して陽岱鋼)選手が、台湾での試合終了後、公開でプロポーズをしたようです。

これを機会に来年は内野のレギュラーを取ってくだせえ。
posted by しょーじ(の) at 08:44| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

日本シリーズ第6戦

【阿部V打!「念願かなった」最高のMVP】

【梨田監督「…感動」/日本S】

・毎回安打なのに完封負け。クリーンアップで三振6ではどうにもならない。

・武田勝は好投

・森本のバント失敗、ジャイアンツ松本のファインプレー、稲葉の信じられないミス。
posted by しょーじ(の) at 08:18| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

日本シリーズ第5戦

【巨人サヨナラで投手戦制す 日本一に王手】

・先発藤井が7回まで無失点の好投も、続く建山が李に死球、林が2塁に牽制悪送球。9回表に高橋信二の本塁打で勝ち越したものの、9回裏に武田久が亀井と阿部に2発喰らってサヨナラ負け。

posted by しょーじ(の) at 06:49| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。