最近の記事

2009年05月12日

日本ハムの中田翔が月間MVP

ただし、イースタンリーグでの話。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20090512-00000000-ykf-spo
日本ハム・中田翔内野手(20)が11日、3・4月のイースタン・リーグ月間MVP(月間最優秀選手)に選ばれた。中田はチームの全27試合に出場し、リーグトップの8本塁打、27打点をマーク。「今年は調子がよく、ホームランも多く打てています」と初受賞を喜んだ。

 2軍戦(11日現在)では、昨季の11本塁打にあと1本に迫る10本塁打をマーク。いまだ1軍出場機会に恵まれないが、「1軍に上がるには今まで以上の活躍をしないといけない。さらにいい成績を残して、1軍に上がれるように頑張ります」と決意を語った。


・個人成績を見ると5月11日現在で打率は.270でイースタンの20位。守備率が.990で一塁手では4位の成績。守備も去年より上手くなってるんじゃないかと。
posted by しょーじ(の) at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

NHKマイルC

・ NHKの朝のドラマに出ている多部未華子さんがハシビロコウに似てるらしい。⇒【朝ドラの子がハシビロコウに似てる】

・ので、馬名、騎手名、調教師名に「ハシ・ヒロ・コウ」が入っているところをピックアップして馬連BOXで。


 3 ジョーカプチーノ(藤岡康太騎手)
 6 アイアンルック (橋口弘次郎調教師)
 11 ダイワプリベール(後藤浩樹騎手)
 16 ブレイクランアウト(戸田博文調教師)
 17 アドバンスヘイロー(河野通文調教師)

 
posted by しょーじ(の) at 09:47| Comment(1) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

春季高校野球、3地区で4強決まる

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090508k
2009年度の春季高校野球地区大会は8日、県内3地区で準々決勝を行い、各地区で4強が出そろった。県北地区は能代、鷹巣、大館鳳鳴、大館工、中央地区は明桜、秋田西、男鹿海洋、由利、県南は大曲工、大曲、大曲農、横手城南の計12校がそれぞれ勝ち上がり、各地区から6校ずつが出場する春季県大会(21—25日・こまちスタジアム、八橋球場)への出場を決めた。男鹿海洋、由利、横手城南は初出場となる。中央、県南の両地区では敗者復活による代表決定トーナメント1回戦も行われた。


・由利高校は2回戦で矢島高校を10-1コールド、準々決勝で秋田中央を1−0完封ってすごいじゃないですか。

・共学になってまだ日が浅い由利高校や横手城南が実力をつけてきた理由としては上級生が全て女子&同級生も女子が多い⇒いいとこを見せようとモチベーションが上がる⇒実力アップ、ということもあるかもしれないなー。
posted by しょーじ(の) at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

明日の天皇賞は枠連の1−2を狙ってみる

枠順をみると、

1@ サンライズマックス 58福永
2@ イネルキッツ   58松岡
3A ャガーメイル   58安藤勝
4A ルナスライン   58蛯名 

と、1、2枠にサンマとアジが隠れているので。
 
posted by しょーじ(の) at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

八木、昨年8月以来の勝利=プロ野球・楽天−日本ハム

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2009042801303
 日本ハムが逆転勝ち。3回、小谷野と糸井の適時二塁打で3点を奪って逆転。5回にも糸井の適時二塁打で突き放した。八木は粘り強く投げ、5回2失点で昨年8月以来の白星。楽天は拙攻拙守。日本ハム戦今季初黒星となった。


・今期、楽天に初勝利で単独首位。

・5回の表、ファイターズの攻撃中。2アウト2、3塁。バッター鶴岡フルカウントでピッチャー交代という非常に珍しい場面があった。
posted by しょーじ(の) at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

金子誠選手が絶好調すぎる

・さて、ファイターズは開幕からの8試合を終えて4勝4敗の勝率5割という成績。イーグルスに3タテ食らったのは痛すぎましたがなんとか盛り返してくれましたね。

・(現在)チーム得点、打率がリーグ1位、と去年までの投手力におんぶにだっこのチームカラーが大きく変わった中で最も大変身だろう、いったい家庭で何があったんだ?と思わせる活躍ぶりなのが金子誠選手で、今のところパ・リーグの打撃二冠王。ホームランもすでに2本打っているよ。

・Wikipediaの解説によると

【金子誠】

2009年からは選手会長の座を後輩の田中賢介に、主将の座も稲葉篤紀にそれぞれ譲ることになった。


ということなのでそこらへんで重圧がとれて楽にバッターボックスに立てるようになったんじゃないかと推測。

・今年のプロ野球開幕先発メンバーが書いた色紙「野球とは」がこちらにありますが⇒http://fan.npb.or.jp/60th/slogan2009/player.html?C_2

kaneko.JPG

・いや〜かっこいいな〜。

・それにしてもヒメネス選手が

jimenes.JPG

どうしてこんなに日本語が達筆なんだろうかと。



posted by しょーじ(の) at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

開幕カードで楽天にいきなり3タテ喰らう(泣)

【ノリ4安打5打点の大暴れ!楽天、日本ハムに開幕3タテ】
楽天が5日の日本ハム戦(札幌ドーム)に延長十一回の末9−6で勝ち、創設5年目で初の開幕3連勝を飾った。中村紀が本塁打を含む4安打5打点と大暴れ。3連勝の立役者となった。


・3連敗はしたが二岡と小谷野に当たりが出てきたので打線に関してはそんなに心配していない。

・決して強がりではない。
posted by しょーじ(の) at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

プロ野球シーズン開幕

【ダル初回3分で3失点、3度目開幕で初黒星…日本ハム】

・ダルビッシュは初回に点を取られて以降立ち直るといういつものパターンで敗戦投手。

・セギノールのツーランも痛かったが全体としては鉄平にやられた印象。

・新加入の二岡とヒメネスはノーヒット。状態は悪くないようだしそのうち一本出るものと思われ。

・稲葉の超ファインプレーで盛り上がりました。
posted by しょーじ(の) at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

センバツ決勝

【清峰がセンバツ初優勝、花巻東に1―0】
第81回選抜高校野球大会(日本高等学校野球連盟、毎日新聞社主催)の決勝が2日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われ、3年ぶり2度目出場の清峰(せいほう)(長崎)が1―0で、初出場の花巻東(岩手)を下して初優勝し、長崎県勢として春夏通じて初めて甲子園優勝を果たした。
 投手戦となった試合は、清峰が七回に先制、そのまま逃げ切って栄冠を手にした。
 花巻東は、東北勢初の優勝と、第76回大会(2004年)の済美(さいび)(愛媛)以来、第1回大会を除いて史上17校目となる初出場優勝を逃した。


・午後1時試合開始だとばかり思っていたので中継を見始めたらすでに6回の途中だった。

・投手戦を期待してたらほんとにそうなってた。見てるほうは緊張感があって楽しいがやってる選手たちはワンプレーごとにプレッシャーだろうな、と。

・9回ワンアウト1、2塁からの単独スチール失敗ってのは戦術的にどうだったのか。

・清峰高校は3年前の決勝で横浜高校に大敗した雪辱をはらせて良かったと思うものの、東北人としてはやはり花巻東高校に勝たせたかった。

・菊池雄星投手には来年はファイターズのユニフォームで活躍してほしいです。

・「ゆうせい」とか「とうしゅせん」とか聞くと、あ〜選挙も近いなと感じる今日この頃。
posted by しょーじ(の) at 19:43| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

TDK2勝目

【TDKが今季2勝目、JFL 北九州を下す】
サッカーの第11回日本フットボールリーグ(JFL)は29日、各地で前期第3節を行った。TDKは、北九州市立本城陸上競技場でニューウェーブ北九州と対戦。後半終盤に1点を奪ったTDKがそのまま逃げ切り、連勝を飾った。


JFLの公式サイトによるとTDKSCは第3節終了時点で勝ち点7の第4位。失点が0点というあたりが素晴らしいですね。長いシーズンですがこのままの調子で行って欲しいです。
posted by しょーじ(の) at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

2009ニュージーランドオークス



 黄色い勝負服、紫色の袖と帽子が勝ったジャングルロケット。ジャングルポケットの娘。

 ダビスタのような名前の付け方だな、などという意見は置いといて。

 直線の攻防は見ごたえがあるな。
posted by しょーじ(の) at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1メートル66の谷元 1軍切符!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000011-spn-spo
日本ハムのドラフト7位・谷元がオープン戦初登板で6回の1イニングを無失点の好投。試合後に1軍合流が決まり「結果は良かった。落ちないように頑張る」と大慌てで荷造りして1軍のバスに駆け込んだ。2軍の本拠地・鎌ケ谷での開催。若手に与えられた登板機会を確実にものにした。先頭カブレラに四球を与えたが、得意のスライダーでローズを三邪飛。フェルナンデスをスライダーで、後藤を直球で連続見逃し三振に仕留めた。


ファイターズも新しい選手がどんどんでてきてるようで嬉しいなあ〜と喜んでいたら、

新人の榊原が前日のオリックス戦で左足を負傷して離脱、巨人から移籍の林も2軍調整中と投手陣に不安があるだけに


 榊原に関しては期待が大きかったんだがな〜。早いとこ怪我を治して戻ってきてほしい。
posted by しょーじ(の) at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

サッカーJ1開幕

【初参戦の山形が6発大勝】
初のJ1参戦となった山形が16位の昨季、入れ替え戦で残留を決めた古豪・磐田相手に実に6得点を奪って大勝。1季でJ1復帰を果たした広島は横浜M(同9位)に4−2で逆転勝ち、ともに昇格初戦を白星で飾った。


・山形のみなさんJ1初勝利おめでとうございます。

・磐田のFWジウシーニョに同点ゴールを決められたときには今日は良くて引き分けか〜と諦めていたところ試合終了後に結果を見たら6点取って圧勝していた。

・暫定だけど首位。

posted by しょーじ(の) at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

WBCの投球数制限について

 WBC日本代表チームがオーストラリアを相手に強化試合を行い、先発の第1戦がダルビッシュ、第2戦が松坂ともにいま一つ調子が乗らない様子だったわけですが。

 WBCでは投手の投球数に制限があることはなんとなく聞いてはいたもののそれが50球なのか、60球なのかはっきりとしたところを知らずに最近のニュース記事を読んでいたので、「50球だと先発投手が3回投げ切るのはつらいな〜」なんて考えておりまして。

 そこらへんの詳しいルールを知りたいと思って検索してたらダルビッシュや松坂に試合の殆どを完投させる方法があった(絶対やらないだろうけど)

【WBC 新ルール 50球の「球数制限」って変?】
今回のWBCの特別ルールではピッチャーの球数制限が設けられており、「50球以上」投げた投手は、中4日の登板間隔が必要となりますが、「50球未満」であれば中1日(WBCの決勝戦を除く)での登板が可能となるからです。


 つまり、中4日で登板しますよ、というケースではその試合においては50球以上投げて完投してもいいってことになりますね。

 んで、その後に書いてあるのがおもしろい。

「野手」が「投手」をした場合、投球数制限ルールはない。


 このルールを上手いこと利用すると投手は球数の制限なく毎試合でも登板できるようになりますね(絶対やらないだろうけど)
posted by しょーじ(の) at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

男子・雄物川、女子・秋田北がV 春高バレー県予選

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090207m
 第40回全国高校バレーボール選抜優勝大会(春高バレー)の県予選会最終日は7日、秋田市立体育館で男女決勝を行い、男子は雄物川が横手を3—1で下し15年連続15度目の優勝。女子は秋田北が雄物川にストレート勝ちを収め、初の頂点に立った


・女子の決勝に聖霊や由利の名前がないっていうのは記憶になかったので興味深い対戦だった。それにしても雄物川がいつのまにか女子までも実力をつけてきていたことに驚いた。
posted by しょーじ(の) at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

センバツ出場校決定

【センバツ:出場32校決まる 慶応、早実が初めて同時出場】
 3月21日から阪神甲子園球場で開かれる第81回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の選考委員会が23日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社であり、早稲田実(東京)、慶応(神奈川)など出場32校が決まった。早慶そろい踏みは1956年夏以来で、センバツでは史上初。

 創設9年目の21世紀枠は利府(宮城)、彦根東(滋賀)、大分上野丘(大分)が選ばれた。利府は春夏通じて初の甲子園。

 一般選考では29校が選ばれた。最多出場は中京大中京(愛知)の29回。初出場は花巻東(岩手)、下妻二(茨城)、福知山成美(京都)、開星(島根)と利府の5校。


・東北代表の3校が21世紀枠の利府と光星学院、花巻東とあったので東北大会で優勝、準優勝したチームだな、いうのは全くの勘違いで準優勝の一関学院が同県の花巻東に逆転されたらしい。

・逆転選出の理由をスポーツ紙をナナメ読みで拾ってみると@一関学院は岩手大会の決勝で花巻東に、東北大会の決勝で光星学院に負けている。A花巻東には秋のドラフトで1位指名が確実だと言われている投手がいる。ということのようで。このうち@のような条件がつくと東北地区においては県大会準優勝のチームは地区大会で優勝しなければセンバツ大会に出られないことになってくるんじゃないか。ましてや県大会3位のチームが流れに乗って準優勝⇒センバツ出場というケースが皆無になることだろう。準優勝チームを選出しない条件として「決勝戦はコールドがないので9回までやったが7回で7点以上の差が開いていて実質コールドゲームだった」などと明確にしておかなければ、そのときの選考委員の気分次第でということにもなりかねないと考える次第。
posted by しょーじ(の) at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

第14回全国都道府県対抗男子駅伝

【本県は15位 都道府県対抗男子駅伝 優勝は長野】
 第14回全国都道府県対抗男子駅伝は18日、広島市の平和記念公園前発着の7区間、48キロで争い、長野が2時間18分43秒の大会新記録で2年連続5度目の優勝を果たした。2位は1分20秒差で兵庫だった。序盤から上位を維持していた長野は4区の平賀翔太(佐久長聖高)が区間1位の好走。続く5区の村沢明伸(佐久長聖高)が2位から首位に立ち、区間新をマークして後続を大きく引き離した。その後も順調にたすきをつなぎ、独走でゴールした。


・秋田県は7区アンカーの松宮選手が区間2位の記録で順位を上げたのは実力どおりだったけど、今日見ていて一番力が入ったのは1区の高校生・冨岡司選手の激走だった。最後はついていけなかったが一瞬先頭に立つ勢いで1区区間賞の夢を見せてくれた。てっきり秋田工業の選手だとばかり思っていたら大曲工業の選手だったんだな。
posted by しょーじ(の) at 20:55| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

全国高校駅伝

【男子の秋田工25位、全国高校駅伝 女子の大曲51位】

「アンカーがゴールしたと同時に自分の時計に目をやるのはなぜなんだ?正式なタイムはちゃんと計っているはずじゃないのか。そういうことをするひまがあったら全力で走ったほうが・・・」とおっしゃるかたがおりまして。あれは私も不思議に思ってました。何か特別な仕掛けでもあるんでしょうか。
posted by しょーじ(の) at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

プロ野球初の女子選手誕生

【女子初のプロ野球選手誕生…高校生投手、関西独立リーグへ】

来春に開幕する野球の「関西独立リーグ」ドラフト会議が16日、大阪市内で開かれ、神奈川・川崎北高2年吉田えり投手(16)が、「神戸9(ナイン)クルーズ」に7位指名された。今月下旬にも正式契約の予定で、男子選手とともにプレーする日本初の女子プロ野球選手が誕生する。吉田投手は「夢を与えられる選手になりたい」と抱負を語った。

 クラブチームなどに所属していた吉田投手は身長1メートル55、体重50キロ。今月初めのトライアウトで、右横手投げからのナックルボールを武器に、1回を無安打に抑え、合格した。国内では1950年から2年間、女子選手だけのプロリーグがあった。


・女性がプロ野球選手になることは一向に構わないが、高校2年生を指名するってのはどうなのか。

・それができるんだったら既存のセ・パ12球団は高校1年生をドラフト指名して囲い込んでおくこともできるんじゃないかな。

・高校生も学校の野球部で試合に出られない補欠で3年間過ごすよりもプロの選手になって給料もらったほうが野球も上手くなるし家計の助けにもなるのではないか。
posted by しょーじ(の) at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

2008年度ゴールデングラブ賞に関する

今年のプロ野球ゴールデングラブ賞が発表されました。

【08年のゴールデングラブ賞が発表!】
記者投票で守備の名手を選出する「第37回三井ゴールデン・グラブ賞」の受賞者が29日、別表通り発表された。セ・リーグでは中日の荒木、井端の二遊間コンビがともに5年連続5度目の受賞。一塁手は阪神・新井と広島・栗原が50票の同数で、ダブル受賞となった。

 パ・リーグでは、一塁手部門でオリックスのカブレラが40票を獲得して初受賞したが、同部門は該当者なしが53票あった。選出選手の得票数が該当者なしの票数を下回ったのはセ、パ通じて初めて。


受賞者の名前をみて「お!」と思ったのがセ・リーグ外野手部門の巨人・鈴木尚広選手です。鈴木選手と言えば、今年後半から巨人の1番に定着した足の速い選手というイメージしか持ってなかったので、そんなに守備の上手い選手だったのかと。

確かにこういう守備を見せれられると、「お〜、すんげえ!」という感じもします。



では、今年の公式記録から守備率を見てみます。

【2008年度 セントラル・リーグ 個人守備成績(規定以上)】

守備率だけを見るとセ・リーグの外野手部門は青木・飯原・福地のヤクルトの3人がトップ3です。この中で選ばれたのは青木だけ。

鈴木尚広の守備率はどうなのかと見てもここには載っていません。規定試合数に達していないということです。ゴールデングラブ賞は記者の投票によって選出されるので必ずしも公式記録の守備率上位と一致しなくてもそれはそれでありだと思いますが守備機会が少なかった選手を「エラーが少なかった」と見るのはどうなのかと。規定試合数に達した選手の中から守備の上手い選手に投票するのが妥当じゃないかと思いました。

posted by しょーじ(の) at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。