最近の記事

2012年10月18日

知らないキノコは採らない!食べない!売らない!人にあげない!

【食中毒:北秋田市の9人、キノコで症状 /秋田】
県生活衛生課は16日、北秋田市の2〜77歳の男女9人がキノコによる食中毒にかかったと発表した。全員、快方に向かっているという。

 同課によると、9人は3家族。14日昼ごろ、北秋田市の北欧の杜公園の近くの林でキノコを採取し、同日午後5時半ごろ、だまこ鍋に入れて全員で食べた。約1時間半後から吐き気や下痢などの症状が出て受診したという。食べたキノコは、食用のホンシメジに似たイッポンシメジという毒キノコだったとみられる


【毒キノコ、炊き込みご飯と豚汁に…6人食中毒】
秋田県生活衛生課は17日、横手市の5〜86歳の男女6人が毒キノコを食べ、食中毒を発症したと発表した。

 6人は快方に向かっている。

 発表によると、6人は家族。この一家の男性が7日、同市大森町の保呂羽山周辺の山林で採ったキノコを冷蔵庫で保存し、15日の夕食で炊き込みご飯と豚汁に混ぜて7人で食べた。約1時間後、6人が嘔吐や腹痛などを訴え、病院で診察を受けた。県が残ったキノコを調べたところ、食用の「カクミノシメジ」に毒キノコの「クサウラベニタケ」が混じっていた。

 県内では14日にも毒キノコで9人が食中毒を発症した。連日の食中毒発生を受け、県生活衛生課は「キノコの鑑別は経験と知識が要る。知らないキノコは『採らない、食べない、人にあげない』を徹底してほしい」と呼びかけている。


・毒キノコによる食中毒のニュースが続いたので。

・東京都が作った毒キノコによる食中毒予防啓発動画でも、厚生労働省のHPにある、【毒キノコによる食中毒に注意しましょう】でも、知らないキノコは採らない!食べない!売らない!人にあげない! と注意喚起がされています。

自然毒のプロファイル、クサウラベニタケ

地方名→めじんなかせ(岩手,青森県),にたり(埼玉県,前橋市,大分),あぶらいっぽん(前橋市),ささしめじ(金沢市),にせしめじ(秋田,青森地方),うすすみ,さくらっこ,どくよもだけ,どくしめじ(秋田県),いっぽんしめじ(岩手,新潟,富山,長野県),あしぼそしめじ(埼玉),めいじんなかせ

症状→嘔吐,下痢,腹痛などの胃腸などの消化器系中毒を起こす。発汗などムスカリン中毒の症状も現れる。


・「めいじんなかせ」と呼ぶ地方もあるということで、慣れた人にも見分けのつきにくいキノコであることが容易に想像できます。

・また、クサウラベニタケを「いっぽんしめじ」と呼ぶところがあるようで。はたして、北秋田市の人が食べてしまったイッポンシメジと横手市の人が食べてしまったクサウラベニタケは同じものなのか違う種類のものなのか。
posted by しょーじ(の) at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

油であげない油揚げ

・「油であげない油揚げ」という油揚げをいただきました。

・「油で揚げねば油揚げでねえべ〜」と、言いつつ焼いたものを2枚いただきましたが、普通のものよりあっさり感が強めでした。

・製造元が相模屋というところで、巷で人気を呼んでいるた「鍋用!ズゴックとうふ」とか「ザクとうふ デザート仕様」とかを作っているところだったんですね。

・油で揚げないでどうやって作ってるかはホームページに詳しく。
スチームオーブンレンジと同様の方法でつくった「油で揚げない」油揚げ。油で揚げずに、過熱水蒸気で焼きあげているため、油脂分は従来の油揚げの1/2*。だから、面倒な油抜きは不要。煮物にした時の味しみは抜群。従来の油揚げより約2倍肉厚なので、しっかりとした食感が楽しめます。さらに、1枚ずつ使いやすい使い切りサイズの2連パックなので、残りは冷蔵庫で風味を保ったまま保存が可能。“ヘルシー”、“おいしい”、“便利”の3拍子揃った商品です。


・油抜きの手間がかからず、その分でカロリーも減っているとすれば、これからはこちらの油揚げが主流になってくるかもしれません。
posted by しょーじ(の) at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

磁石と鉄粉で軟骨治療

【磁石と鉄粉使って軟骨治療 広島大、臨床研究目指す】
加齢や事故によって損傷した軟骨や骨折を修復するため、磁石を利用した再生医療の研究が27日、文部科学省の研究開発推進事業に採択された。広島大の研究で、3年後をめどに臨床研究の開始を目指す。実用化されれば、従来より効率がよく患者への負担が少ない治療法として期待される。

 採択されたのは、越智光夫教授(整形外科)らの研究。患者の骨髄細胞から培養した幹細胞を、患部の近くに注射して軟骨や骨に変化させて修復する方法だが、幹細胞に鉄粉を混ぜるのが特徴。体外から強力な磁石で幹細胞を患部に誘導するため、人工関節など従来の治療法と違い手術の必要がない。

 越智教授らは、これまでブタを使った実験で有効性や安全性を確認。文科省の事業では鉄粉を混ぜた細胞の安全性などをさらに詳しく評価する。越智教授は「3年後をめどに臨床研究を始めたい」と話している。


・冬も近くなると、膝の関節が痛いので歩くのが億劫になったとか、寒くなると、以前怪我したところが痛くなってとかいう人がたくさん温泉に湯治にいらっしゃるようになりますが、今回の研究はそんなみなさんにとって朗報ですね。

・面倒な手術も必要がないようだし。

・「わたしなば、膝さ磁石ッコ入れだがら、なんぼでも歩くにいっすで〜」ということになることでしょう。
posted by しょーじ(の) at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

メロンに生ハム



【子供の塩分摂り過ぎと肥満:ロハス・メディカル・ブログ】
日本高血圧学会減塩委員会は、高血圧の予防のために、血圧が正常な成人に対して、食塩摂取を一日6 g未満に控える食塩制限を勧めています。世界保健機関(WHO)は、世界の人の減塩目標を5 gとしています。しかし、2010年における日本の成人一日あたりの塩分平均摂取量は、男性で11.4g、女性で9.8gと、目標を上回ってます。今後、高齢化がいっそう進むことが予想されますので、若い頃から食生活に気をつけて、高血圧のリスクを減らすことが重要と思われます。


と、日本人は一日あたりの塩分摂取が目標値の殆ど2倍の高さなので、若いうちから気をつけて減塩しましょう、ということなのですが。

しかし、最近、加工食品やファーストフード、スナック菓子を食べる子供が増えたため、子供たちの塩分摂取量が増加しています。小児期に血圧が高いと、成人になってからの高血圧症を発症したり、若くして心疾患を合併し、亡くなる原因となります。


ファーストフードやスナック菓子など、子どもが好んで食べるものの中に塩分が多く含まれるので、小さい頃から高血圧となり、それが成人してからの高血圧症、心疾患の引き金となっている、ということです。

高血圧を引き起こすのは食塩の中で40%を占めるナトリウムで、これの摂取量を減らすことは血圧を下げるばかりでなく、肥満の改善にもなる、という研究報告もあるようです。

子どもを持つ親としては、日頃から、食品に含まれる塩分量を意識して、必要以上の塩分→ナトリウムを摂取させないことが大切かと思います。

しかし、スナック菓子を控えることも大事ですが、秋田県人は特に漬物を控えたほうがより効果的じゃないのかと思って、そこらへんでGoogle様に聞いて回っているうちに、こんなのが。

【「メロンと生ハム」を食べる理由とは?】
突然ですが、「メロンと生ハム」という高級メニューがありますよね?
「なぜこの二つを一緒に食べるんだ?!」
と、疑問をもたれている方もいらっしゃるのでは?
実はこれ、カリウム効果のためなんだとか。

先ほどあげた「メロンと生ハム」は、
この塩分が多い生ハムに対抗するための食べ方と言うわけです。


メロンに生ハムを乗せるのは生ハムでナトリウムを取り過ぎないように、メロンのカリウムが調整してくれているってことが理由のようです。

ヨーロッパあたりの貴族が趣味で始めた風習くらいに思っていました。
posted by しょーじ(の) at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

「慢性の痛み 半数が治療受けず」

【慢性の痛み 半数が治療受けず】
慢性的な体の痛みを抱えている人のうち、半数の人が、痛みを我慢して治療を受けていない、という調査結果がまとまりました。

この調査は、体の痛みが3か月以上続くなど、慢性の痛みを抱えている全国の9400人を対象に、製薬会社がインターネットを通じて行ったものです。
それによりますと、半数の50%の人たちは、「過去5年間、医療機関を受診していない」と回答し、痛みを我慢していることが分かりました。
また、治療を受けた人の中でも、64%、3人に2人が「通院先を変えた経験がある」と答えました。
変更の理由としては、「治療効果に不満だった」が30%と最も多く、「ほかによい病院があった」が17%、「医師が痛みの治療に積極的でなかった」が12%などとなっています。


・慢性的な体の痛みには、雨が降ると痛くなるとか、寒くなると痛くなるとか、そういった季節的、時期的なものがあって、そういうのは少し我慢すれば痛みが治まったりするので医者に行かないって人が多いのだろうと思う。

・そういうときは自分で体の調子を見ながら、そろそろ痛くなる時期だなとか、雨が降りそうだから骨休みに、と、温泉に行って湯治するのがお勧めなんである。
posted by しょーじ(の) at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

ホンナにメラニン抑制効果があるらしい

「ホンナ」で秋田美人...メラニン抑制効果発見 
県内外に広く自生し、一般的な山菜として食されているホンナ(イヌドウナ、ヨブスマソウ)に、メラニン色素の形成を抑え、皮膚などに発生する悪性黒色腫(がん)の原因遺伝子も抑制する効果があることを、秋田大学教育文化学部の池本敦准教授(栄養生化学)らが突き止め、特許を出願した。池本准教授は「秋田美人の美白イメージを生かして、ホンナを化粧品の素材や、がん治療薬として展開していけたら」と期待を膨らませている。

 池本准教授は、県内産の食材などを健康や美しさにつなげる研究をしている。県内で入手しやすい山菜からメラニン色素の抑制効果の高そうなものを探し、抽出成分の効果を調べた。

 ホンナはキク科コウモリソウ属の多年草で、県内では標高約200メートル以上に広く自生している。エタノールで抽出したエキスをいくつかの成分グループに分けて実験を重ねたところ、メラニン色素の形成に関係する酵素チロシナーゼの活性化を抑える効果が高いことがわかった。さらに色素沈着に影響するMITF(小眼球症関連転写因子)の発現を抑える効果も高かった。

 MITFは近年、悪性黒色腫の原因遺伝子であることが判明しており、がん治療薬としての可能性も期待されているという。


以前、ワラビには発がん性物質がどうたらこうたらとう話を聞いたことがあったので、山菜の世界もいろいろとたいへんだなと感じた。
posted by しょーじ(の) at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

ビタミンEの取りすぎに注意

【ビタミンE:取りすぎ注意 骨粗しょう症リスク高まる−−慶大チーム】

ビタミンEを取り過ぎると骨粗しょう症を起こす危険があることを、竹田秀・慶応大特任准教授の研究チームが突き止めた。ビタミンEは、老化防止に有効とされる抗酸化作用があり、最も人気のあるサプリメント(栄養機能食品)の一つ。4日付の米科学誌ネイチャーメディシン(電子版)に発表した。


チームがビタミンEを取り込めないマウスを作って調べたところ、破骨細胞の働きが弱く全身の骨量が多いことに気づいた。そこで、破骨細胞を培養し、ビタミンEを加えると、破骨細胞が巨大化することを発見。解析すると、ビタミンEが破骨細胞の巨大化に必要なたんぱく質の合成を促していることを突き止めた。

 さらに、正常なラットに毎日10ミリグラムのビタミンEを含んだ餌を8週間与えると、骨を壊す細胞の活動が高まり、骨粗しょう症になった。10ミリグラムは、人が1000ミリグラム摂取するのに相当し、主に海外で同量程度を含んだサプリメントが流通しているという。


・ビタミンの取りすぎ分は自然と体外に排出されてるものと思ってました。


・去年までは冬のしもやけ対策でビタミンEのサプリメントを飲んでいたのが、今年は帳場の石油ストーブをワンランクアップさせたところ、あ〜ら不思議。ずっと悩まれていた手足のしもやけがほどんど切れなくなりました。

・そんなわけで、ビタミンEサプリメントの取りすぎで年を取ってから、骨粗しょう症になるリスクが減ったので一安心です。
posted by しょーじ(の) at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

都道府県別、風呂の利用状況

【お風呂大国ニッポンを解き明かす!「冬のお風呂事情調査」結果発表】

株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、「冬企画」の一環として、2012年1月9日(月)〜2012年1月15日(日)に行なった「冬のお風呂事情」の調査結果を発表しました。「冬企画」は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト・スマートフォン向けWEB版「ウェザーニュース」の利用者と共に、寒い日本の冬を少しでも楽しく過ごすためのものです。調査では、毎回、冬ならではのテーマが用意され、エリアごとに見られる文化や特性を全国の方と解き明かしていきます。第3回となる今回の調査では、寒い冬には欠かせない“お風呂”に注目、「冬のお風呂事情」というテーマで調査を行い、33,995人(男性41%、女性59%)の有効回答をまとめました。



東北六県の数字を比較してみます。


青森⇒入浴平均時間:36分17秒、湯船に浸かる平均時間:14分45秒

岩手⇒入浴平均時間:31分01秒、湯船に浸かる平均時間:15分12秒

宮城⇒入浴平均時間:29分42秒、湯船に浸かる平均時間:15分21秒

秋田⇒入浴平均時間:29分55秒、湯船に浸かる平均時間:14分41秒

山形⇒入浴平均時間:29分26秒、湯船に浸かる平均時間:15分11秒

福島⇒入浴平均時間:30分01秒、湯船に浸かる平均時間:16分01秒


湯船に浸かっている時間はいずれの県も15分くらいなのに、入浴時間は青森県が他の県を5分程度上回っています。青森県の人はシャンプーしたり身体を洗ったりするのに他の県の人よりも時間をかけて丁寧にやってりるということでしょうか。

また、「お風呂がとても好き」と回答した人の割合が、青森県53.2%に対して山形県が39.9%となっています。(秋田県は47.7%)山形県も温泉の多いところなので、風呂好きの人の割合はもう少し高くてもよさそうな気がするので、意外な結果だと感じました。

posted by しょーじ(の) at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

鼻穴にワセリン

・今年も花粉症に悩まされている人は多いかと思いますが。

【花粉を鼻でブロックする?:くすりの勉強 -薬剤師のブログ-】

「花粉鼻でブロック」というフマキラーが販売している塗り薬があります。
鼻の入り口に塗ることで、花粉・ダニ・ペットの毛・ハウスダストなどの吸入をブロックするそうです。
成分は精製長鎖炭化水素となっていますが、つまりワセリンです。
ワセリンに花粉がくっつくという単純な発想です。

そういう発想なら、花粉症シーズンは鼻毛を切らずに「花粉鼻毛でブロック」も有効でしょう。

しかし、ワセリン5gで1260円はぼったくりですね。


【花粉対策 花粉 鼻でブロック:All About】

使い方は鼻の入口にクリーム状の製品を塗るだけ。高度に精製された特殊ワセリンを数種類配合した製品が、鼻の中に保護膜を作り、見えないマスクの役目を果たして花粉が鼻の奥の粘膜に入り込むのをブロックします。

posted by しょーじ(の) at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

胃カメラを上手に受けたい

 昨日、日帰りで人間ドックへ行ってきました。
 胃カメラを受けるときには胃の動きを止める注射を肩口に打っていましたが今年からそれがなくなりました。
 今年は胃の中から梨(『まるごと』って言ってたけどそりゃねーすべw)が発見されて、担当のお医者さんに非常にびっくりされました。

【外科医が教える胃カメラの上手な受け方】
実は、胃カメラにはコツがあります。そのコツとは、力を抜くこと。これに尽きます。「それだけ!?」と思われるかも知れませんが、胃カメラの操作自体は、医師がしますので、検査を受けられる方にそれほどのコツは必要ありません。

目はぼんやり前を見て、ぽかーんと口を開けて、肩の力を抜く。

これが、胃カメラを上手に受けるコツです。

posted by しょーじ(の) at 16:50| 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

雨が近くなると身体が痛くなる人がいる件

【【カラダの不思議】気圧、湿度で影響受ける「古傷」】
(NETAFUL KU)

 「季節の変わり目には、気圧と湿度の関係で体調を崩しがち。たとえば、飛行機などで高い場所に行くと、体がむくみ、逆に深海にいくと、体がギュッと縮みます。これと同じく、低気圧がくると、体が膨張してしまい、高山病や夏バテに近い症状になるんですよ」


「古傷は、大きな負荷がかかって、いったん組織が破壊されてしまった場所です。見た目には傷が治ったようであっても、毛細血管の本数は少なくなり、血液が流れにくい場所になっています。そのため、気圧の低い雨の日などには、血液の循環が悪くなり、疼く、痛むなどの症状が起こるんですよ」


 「まずはゆっくりお風呂に入って、体をあたためること。むくみをとるため、下着などで体を締めつけないこと、塩分を控えることなども大切ですね」



・あんまりしょっぺもの食ゎねで、湯っこさへえってぬぐだまれ。ってことですね。
posted by しょーじ(の) at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

イベントなどの時の出店の許可制度が変更されている件

・昨日は大内地区食品衛生協会の総会。新会長が新たに選任される。前会長は懇親会の席で顧問に。

・衛生講習会は「イベント等で食品を提供するときには営業許可が必要です」の話。

 【臨時営業の許可の制度が変わります】(PDF)

・臨時営業をするには
 @出店先を所轄する保健所長に10日前まで申請
 A営業許可申請書、6か月以内の検便実施結果書、平面図、見取り図、仕入れ先
 B手数料は飲食店で2,800円、喫茶店で1,600円。
 C同一箇所での営業が連続20日未満(一日でも許可が必要)

・食品衛生の観点から一日とは言えきちんと安全管理がなされるようにしなければならないが、夏祭りやら町内のイベント等たった一日の営業でも手数料が飲食店2,800円ってのは高いんじゃないの?というのが感想。手続きがいろいろ面倒だし手数料がかかるんだったら今年から出店やらね、という人が出てくるかもしれない。
posted by しょーじ(の) at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

10年後の体重を予測する

miraitaiju.JPG

【カラダカラ未来体重 あなたの10年後の体重は?】

・100s超えた肥満な自分の姿って想像できないな〜。
posted by しょーじ(の) at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

スニッカーズが好きなんですが

【コカコーラ1缶にどれだけ砂糖が入っているのか、一目で分かる写真】(らばQ)

snickers.jpg

・スニッカーズ1本には角砂糖4.5個の糖分が含まれているようです。

・これからは一度に2本食うのは止めようと思いました。
posted by しょーじ(の) at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

インフルエンザの予防には長いもが良い

と、今や世界的にも絶大な人気を誇る八戸市議会議員の藤川ゆりさんがブログの中で書いてらっしゃいます。

【“ながいも” と “インフルエンザ” と “ながいモン”】
このサプリメントは『青森県』と『青森県の弘前大学』で共同開発した商品で、インフルエンザの予防効果に長いもの成分が有効だということが実証され商品化されたものです


かじらないで、なめるそうです。ちょっと、ぬめっとしてます。ただ、インフルエンザの流行の型に左右されることなく効果があるんです。
posted by しょーじ(の) at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

子どもを花粉症にしないための9か条

【子どもを花粉症にしないための9か条】
▽生後早期にBCGを接種させる
▽幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる
▽小児期にはなるべく抗生物質を使わない
▽猫、犬を家の中で飼育する
▽早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす
▽適度に不衛生な環境を維持する
▽狭い家で、子だくさんの状態で育てる
▽農家で育てる
▽手や顔を洗う回数を少なくする


・わざと不衛生な環境に置いて抵抗力をつけろということか。
posted by しょーじ(の) at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

背骨がずれているとはどういう状態を指すのか?

・twitterの発言の中に「背骨を全部へし折ってやる」というのがあったので、人間の背骨って10個以上つながっているからそれを全部へし折るのはずいぶん手間と時間がかかるなと思いつつ実際のところいくつあるんだっけ?とGoogle様で検索していると、【背骨のズレのホントのはなし】という記事があった。興味深い内容だったので以下に全文引用。

今月ははじめてのコラムですので、整体を受ける上でみなさんが一番疑問に思っていること、そして一番大切な話をしていきたいと思います。

背骨のズレは本当か?
よくテレビなどで「背骨がずれていますね。ボキ!はい、治りました。」
というのを見たことあるでしょ。
あれ本当だと思います?
ここでちょっと考えてみてください。

背骨がずれるというのは関節のずれですよね。
関節がずれるというのは脱臼もしくは亜脱臼ということですよね。
背骨には神経が通っているわけですから、背骨が脱臼もしくは亜脱臼を起こすとこれは半身不随になると思いませんか?

百歩譲って背骨が亜脱臼を起こしているとしましょう。
肩関節を脱臼もしくは亜脱臼をした経験のある方はわかると思いますが、亜脱臼を起こしたあとは、その関節周りが炎症を起こしてしまい、数日は痛みが取れませんよね。
ボキ!とやってその場で痛みが消えるというのは論理的にあり得ないのです。

よく、ギックリ腰を腰の骨のずれとからめて説明する治療家もいますがそうではありません。
あれは、筋肉がいわゆる筋違いを起こし、その後炎症を起こすと理解した方がいいと思います。

ここでちょっと見方を変えてみましょう。
背骨をボキボキ鳴らして関節を元の正常な位置に戻しているという理屈ですよね。それでは、指の関節をポキポキ鳴らすと関節は元の位置に戻るのでしょうか。
そうではありませんよね。
関節はただ鳴っているだけなんです。

ここまで話をしてくると、あのボキという音はどうして鳴るの?という疑問が浮かんでくると思います。

関節はそれぞれ関節包というもので包まれています。(細かく言うと関節くう)
その中には液体が入っており、これが存在することにより関節がスムーズに動くようになっています。
 この関節内圧を下げることにより、瞬間的に液体が気化します。
その時に発せられるのが、ボキっという音です。
要は液体が気体になる時の音なのです。(二酸化炭素と言われています)
(1947年にイギリスにて研究論文発表される)
 また、その時にゲートコントロールという麻酔効果がが起こり痛みを多少緩和させることがわかっています。
 
昔理科の実験で見ませんでした?
試験管内の液体に対し圧力を下げることによりポンという音をたてて気体に変化させるのを。
あれが関節の内部で起こっているんです。

 その後、関節内の気体は徐々に液体に戻っていき、約20分で元の液体に戻ります。
その証拠に20分後にはまた、関節はボキボキ音が鳴るようになります。
ここまでお話してくると何となくは、ご理解いただけたのではないでしょうか。
  
 このような話を他の整体さんが知っているのかどうかは、わかりませんが、いまだに、背骨ボキボキの治療法がカイロや整体の主流であるのは、間違いありません。

なんとかこういう流れを変えていきたいものです。



・背中や腰の骨がこきっ!と鳴ったり、整体の先生が患者さんの首をぐいっ!っとやったときにやられてる本人はひいいといいつつもなんか後味すっきりみたいになるのは実は関節がずれているんじゃなくて、関節内の泡がはじける音だったんですね。指の関節がポキポキなるのと同じ原理ということで。すると、関節をこきっ、あ〜なんかすっきりした!!!、というのは勘違いしているということになるのか。
posted by しょーじ(の) at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

風邪薬を飲みすぎるとどうなるか。

・風邪で具合が悪すぎると感じたら医者に行って注射を打ってもらうのが一番じゃないのか。風邪薬をいつもより余計に飲んで治そうっていう算段をするのはいったいどこのお子様なんですか、と。

【”寒い冬”の健康と養生の数字・基準・単位】
風邪薬に含まれているアセトアミノフェ(鎮痛作用をもつ非ピリン抗炎症剤)は、比較的安全性の高い薬ですが、大量に服用すると胃壁を荒らします。また、アルコールといっしょに大量に服用すると肝臓障害をおこして死にいたる場合があります。2000年に埼玉県本庄市でおきた金融業者による保険金殺人事件では、風邪薬をお酒といっしょに大量に飲ませて殺害しています。


鼻炎や咳止めを抑える効果を持つ塩酸フェニルプロパノールアミン(PPA)は、脳出血を引き起こす副作用があるということで、アメリカでは2000年に販売中止になっています(日本では使用が認められています)。咳止め薬に含まれているリン酸ジヒドロコレインは、大量に服用すると違法薬物と同様の効果を持ちます。風邪薬に含まれているカフェインも、大量に服用すると危険です。
posted by しょーじ(の) at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

土踏まずのメカニズム

http://www.m-ryu.co.jp/distortion/arch.html

・土踏まずは片足に3つあって、これがあるおかげで人間は腕や膝を使ってバランスをとらなくても立っていられる。
・一度異常の出てしまった土踏まずは復活することはない。
posted by しょーじ(の) at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

湿潤療法について

「注射」で検索をしていたら、注射の前のアルコール消毒は必要か?という記述があったので興味深く読みました。注射の前にアルコールで消毒しないと注射針によって体内にバイキンが入るからだと思っていました。
酒精綿で拭かずに注射した場合,針先に皮膚の細菌(常在菌)がくっついているかもしれない。そしてそれが,皮下脂肪層に入るかもしれない。しかしそれでおしまい。そこから「感染」まで発展することはありえないのだ。注射の針はすぐに抜かれてしまうし,注射したところに異物・壊死組織が偶然あれば話は別だが,そうでない限り感染は絶対に起こりえない


・これが書かれていたのが新しい創傷治療〜「消毒とガーゼ」の撲滅を目指してというHPでした。
・湿潤療法とは@水道水で傷口の汚れを完全に洗い落とすA消毒しなBガーゼで覆わないでラップなどのドレッシング材を患部に当てて包帯などで固定することで傷口の治療を行うということのようです。
 湿潤療法〜Wikipedia
posted by しょーじ(の) at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。