最近の記事

2009年03月04日

女子生徒にメイド服強要、部活で“撮影会”…秋田・大館高教諭

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090304-OYT1T00461.htm
 秋田県立大館高校の芸術部顧問の男性教諭(51)が部活動中、3年の女子生徒(18)に「着なければ国語の単位をやらない」とメイド服の着用を強要し、ほかの生徒たちにカメラで撮影させていたことが分かった。
 女子生徒側は3日、大館署に届け出た。
 県教委などによると、教諭は昨年9月24日、女子生徒が拒否していたのに、部の備品のメイド服を着用させた。教諭はデジタルカメラを置き、その場を離れた。部活動で写真撮影のアイデアを出し合っていた際、メイド服を着る案が出た。
 事務職員が2日後に女子生徒から話を聞き、教頭らが教諭とともに女子生徒の自宅を訪れ謝罪した。カメラの画像は消去した。
 同校は教諭を顧問からはずし、その後に復帰しているが、生徒に説明しておらず、4日に急きょ全校集会を開いて謝罪した。
 教諭は、「冗談として受け止めてくれると思った」と話したという。県教委は「先生の冗談だったが生徒が深く傷ついていることは重く受け止めたい」としている。


・先生が「冗談だった」と言い訳するのは聞く耳を持つが、県教委が「先生の冗談だった」と認識してるってのは何だかなあ。

・「国語の単位をやらない」と言った時点ですでに冗談ではすまされなくなってんだけどな。

・殆どの新聞が「メイド服」または「メード服」という表記なのに対して秋田さきがけだけが、「ウエートレス」と表記。

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090304k

 大館市の大館高校(松下光夫校長)で昨年9月、芸術部顧問の男性教諭(51)が、写真コンテストに応募するための部員同士の写真撮影の際に、3年生女子部員にウエートレス姿になることを勧め、嫌がる部員に「着ないと国語の単位をやらない」と話していたことが、4日までに分かった。女子部員から相談を受けた学校側は、部員と保護者に謝罪し、教諭を10月3日から12月末まで顧問を外していた。
posted by しょーじ(の) at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

温泉学会:全国から50人“熱い思い”語る

http://mainichi.jp/area/shimane/news/20090303ddlk32040601000c.html
続いて、竹下会長の司会でパネルディスカッションがあり「今、入湯税を考える」と題し、法律家や旅館経営者ら3人の会員が専門的見地から意見を述べ合った。

 発言は、1957年に地方税の目的税として規定された入湯税が、現在の実態に合わない古い法律と指摘。税が、温泉の基盤整備に使われているのは一部で、ほとんどが道路整備など一般財源化していることが問題とし「すぐに廃止は難しいが、目的税から外すことはできると思う」と結んだ。
posted by しょーじ(の) at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

無人パトカー、6車線横切り民家衝突 秋田県警発表せず

http://www.asahi.com/national/update/0222/TKY200902220095.html

秋田市山王中島町にある秋田中央署山王交番で、無人のパトカーが動きだし、秋田県道6車線(山王大通り)を横切って向かいの民家に衝突していたことが22日、同署への取材でわかった。民家は玄関のガラス戸が割れるなどしたが、けが人はいなかった。県道は普段から交通量が多く民家の前にはバス停もあり、大事故になっていた恐れがあったが、県警は発表していなかった。

 同署などによると、21日午後1時過ぎ、同交番勤務の女性署員がパトカーのドアを開け、外からエンジンをかけたところ、いきなり発進したという。パトカーは歩道と県道計30メートルを横断、無職菊地ヒサさん(75)方の木造民家に衝突して止まった。県道には高さ約20センチの中央分離帯があったが、周辺に雪が積もっており乗り越えた。

 パトカーはマニュアル車で、凍結を防ぐためにサイドブレーキはかけていなかった。ギアはローに入ったままだったという。


・最初にニュースを聞いた時は細い小路でパトカーが動いて民家にぶつかったものとばかり思っていたので山王の合わせて6車線を、それも真昼間から無人のクルマが横切ったと知った時はさすがにどでんした。

・私は運転免許を取ってからマニュアル車を運転したのはたった二、三度で、後はひたすらオートマチックな生活ですからクラッチのつなぎ方とかそのあたりはすっかり脳も身体も忘れている状態です。そんなわけなので今回の事故が起こった原因ってのがよくわからないんですが、マニュアル車って、エンジン切ってシフトレバーをローに入れておくとクラッチを繋いだままの状態にしておけるんですか。オートマチック車だとシフトレバーがパーキングの位置にないとエンジンがかからないんですけど。
posted by しょーじ(の) at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

病院並ばず診療予約、消防署に受付端末

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090220-OYT1T00284.htm?from=navr

秋田県由利本荘市は、市中心部にある3総合病院の診療予約ができる受付端末を、市内7か所の消防署などに設置する方針を決めた。

 遠方の外来患者が早朝から病院の受付に並ぶ必要がなくなり、利便性が大幅に向上する。厚生労働省では「全国的に例のない取り組み」としている。

 このシステムに参加するのは、由利組合総合、本荘第一、佐藤の3病院。由利本荘市は2005年3月に本荘市と周辺7町が合併して誕生。3病院とも旧本荘市の中心部にあり、離れた地区からは車で1時間以上かかる。例えば、本荘第一病院の診療は午前8時半からだが、受け付けを開始する午前6時半に数十メートルの患者の列ができる。この時間に並んでも、実際に診療を受けるのが午後になってしまうこともあるという。

 新たなシステムは、旧7町の消防署や消防分署に設置された端末に患者が診察券を入れると診療予約ができ、受付番号が印字される仕組み。受付番号は、患者が病院へ行く時間の目安になる。病院が受け付けを始める早朝に対応できるよう、職員が24時間常駐している消防署を選んだ。受付端末を、市営老人介護施設に設置する案も検討している。


・朝早くから病院の受付に並ばなくてよくなると時間に余裕ができるので助かる人が多い。

・私のところからだと大内分署に行って診療予約をすることになるんだろうけど、それなら直接病院に行ったほうが早い。出張所に端末おいてそこでも受け付けるなんてことができないかと。
posted by しょーじ(の) at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

イ・ビョンホンさん、本県でロケへ 3月、主演の韓国ドラマで

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090209h
 韓国の人気俳優イ・ビョンホンさん(38)主演の韓国ドラマ「アイリス」の撮影が3月、県内で行われる。県や県内企業などが中心となって誘致した。ドラマは日本を含む世界16カ国で放映される予定。県観光課は「秋田は海外へのPR不足を指摘されていた。そうした中、世界で放映されるドラマのロケを本県に誘致できることは知名度アップの大きなチャンス」と期待している。


・ロケ地として仙北市、男鹿市、北秋田市が予定されてるそうですが、矢島スキー場の全長200mある雪の滑り台使ったシーンがみたいので由利本荘市でもロケをお願いしたいです。市内にはホテル・アイリスもあることだし。
posted by しょーじ(の) at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

川口小坂町長に知事選出馬要請へ

・AKTのニュース映像⇒http://www.akt.co.jp/pc/news/index.phpで寺田代表の後ろにずら〜っと並んでいる酒瓶のほうに目が行っていまいました。
posted by しょーじ(の) at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

県議が座るいす、修理代1脚5万円 計250万円を補正予算に

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090205j

県は2月定例県議会に提出する2008年度一般会計補正予算案に、県議が県議会棟会派控室で座っているいす=写真=50脚の修繕費250万円を計上した。1脚あたり5万円だ。

 県議会事務局によると、いすは20年以上も使っている年代物。現在は生産されていない。同じ様式の新品を購入すると20万—25万円かかるため、劣化した脚部だけを修理、交換する。

 「議会改革を進め、使わずに済む予算を充てたい」と同事務局。同補正予算案が内示された3日の議会運営委員会では一部県議から反対意見も出たが、議論は盛り上がらなかった。

 「捨てるのはもったいない。修理して使い続けるべきだ」と話す県議もいるが、県財政が厳しい折の1脚5万円。決して安いとは言えない—。


・座り心地が良くてデザイン的にも優れお手頃な値段で買えるイスなんて探せばなんぼでもあるんじゃないかとアマゾンのホーム&キッチンのコーナーを覗いてみました。



posted by しょーじ(の) at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

TDK、サッカー部をクラブ化へ

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090203g

 電子部品大手のTDK(本社東京)が、にかほ市を拠点に日本フットボールリーグ(JFL)に参戦している同社のサッカー部を今年中にクラブ化し、来年からクラブチームとして活動させる意向であることが2日、分かった。世界的な不況による業績悪化への対応策の一環で、同部を会社と切り離し経費を削減する狙い。今後、同社と県サッカー協会、同部のサポーターズクラブなどが、新たなチーム運営母体の設立などクラブ化に向けた協議に入る。


・地域の雇用情勢が悪化している中で企業がスポーツチームが難しくなっていることは重々承知しているものの現状でクラブチームに移行することはチームの縮小弱体化が必至なあたりが何とも。

・定額給付金をもらったらサポーターとしてTDKサッカーに突っ込むってのもありかなと。

posted by しょーじ(の) at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

吹奏楽アンコン、13組が東北大会へ

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090126a
 吹奏楽の全日本アンサンブルコンテスト第31回県大会(県吹奏楽連盟など主催)が24、25の両日、秋田市の県民会館で開かれた。小学校から一般までの6部門に105組が出場。日ごろの練習成果を競い合った。審査の結果、32組が金賞を受賞。うち13組が県代表として東北大会(2月15日、仙台市)の出場を決めた。


アンコンアンサンブルコンテストを略したものらしいが何でも省略すればいいってものではない。
posted by しょーじ(の) at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

ANA、北陸3空港をマルチエアポートに

http://airportnews.jp/headline/156/
ANAは今年4月より、富山・能登・小松の北陸3空港とマルチエアポートとし、各空港と羽田を結ぶ路線における往復割引運賃を共通化することを明らかにした。

 従来の運賃制度では同一空港を利用する単純往復の旅程のみが割引対象だったが、発着地が3空港のいずれかであれば共通の割引を適用する。例えば富山〜羽田〜能登という旅程や往路が羽田〜小松・復路が富山〜羽田というルートであっても往復割引運賃の対象になる。また、航空券が予約変更可能であれば、搭乗直前まで3空港間での行き先変更ができるようになる。


・秋田と庄内もマルチエアポートになれば鳥海山周辺の観光客増加が期待できるんじゃないかと。
posted by しょーじ(の) at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

畠山鈴香被告の新証言の内容を各紙で比較してみる

【畠山被告「彩香が誤って落ちた」 臨床心理士に話す、藤里連続児童殺害】(秋田さきがけ)
 臨床心理士によると、畠山被告はカウンセリングにより、彩香ちゃんが▽橋上で腹ばいになり、橋と欄干のすき間から身を乗り出している▽おもちゃを落として手を伸ばした▽バランスを崩し転落した—などの場面を、順を追って思い出したという。


【藤里町の2児殺害:彩香ちゃんが自ら転落と被告が記憶 性格鑑定教授が発表 /秋田】(毎日新聞)
長谷川教授によると同日の接見で、彩香ちゃんが橋から川に転落したのは欄干のすき間からおもちゃをつかもうとして転落した事故だったという記憶が得られたという。信ぴょう性については「まだ検証が必要。時間をかければ他にも思い出すことが期待できる」とした。


【人形落としバランス崩した 長女転落で畠山鈴香被告が説明】(47NEWS)
長谷川教授によると、畠山被告は、彩香ちゃんが欄干のすき間から身を乗り出し、左手に持っていた人形が落ちたため、手を伸ばそうとして落下したと説明した。


【「しゃがんでいる彩香」「落ちてった」 畠山被告話す】(河北新報)
長谷川教授によると、15、16日に秋田市の拘置施設で面会した畠山被告は「隣にしゃがんでいる彩香」「ピカチュウ」「落ちてった」などと涙を流しながら話したという。長谷川教授は「つなぎ合わせると『大沢橋の欄干のすき間から彩香ちゃんがピカチュウを落とし、拾おうとして誤って落ちた』となる」との見解を示した


【秋田連続児童殺害事件 畠山被告、長女・彩香ちゃんについて新証言「欄干の間から転落」】(FNN)
これは、畠山被告と接見した臨床心理士が会見で明らかにしたもので、畠山被告は「(彩香ちゃんは)橋の欄干の間から川をのぞき込み、左手に持っていたおもちゃを川に落とし、それをつかもうとして誤って転落した」と説明したという。


【鈴香被告の性格鑑定人が記憶再生? 秋田連続児童殺害事件】
長谷川教授は鈴香被告に対してカウンセリングを行った結果、これまで「忘れた」としていた長女、彩香ちゃん=当時(9)=事件時の記憶を鈴香被告が取り戻し、「彩香ちゃんは、川に落としたピカチュウを拾おうとして、誤って橋の上から)落ちてしまった」と説明していることを明らかにした。

その結果、鈴香被告は16日のカウンセリングで、彩香ちゃんが橋から川に落としたピカチュウのおもちゃを拾おうとして、欄干と道路のすき間から自ら身を乗り出し、誤って川の中に落ちていった−という記憶を断片的に思いだし、「(落ちた彩香ちゃんを救おうと)自分の右手を橋の向こうへ伸ばした」などと話したという。
(MSN産経)


・橋の欄干の間から身を乗り出して覗きこもうとするときに大人だって両手で欄干をつかんで体を支えるか、片手であってもすぐにつかめるように何も持たず自由にしておくと思うんですけど。言ってる状況が脳内で再生できないのでCGによる再現をお願いしたいです。

・河北新報の記事からは畠山被告が断片的に話す内容を長谷川教授が都合よく組み合わせたとしか読み取れません。

・MSN産経が「(橋の上から)落ちてしまった」と書いているのは、いかにも「欄干の隙間から落ちるなんてありえね〜」と言いたげな感じがします。
posted by しょーじ(の) at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

不審はがきで由利本荘の女性被害 50万円を振り込む

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20090115b
 「民事訴訟裁判告知」と記されたはがきが13日に県内の民家に届いた問題で、由利本荘市の50代の女性が、裁判取り下げ料として50万円を指定された口座に振り込んでいたことが14日、分かった。届け出を受けた由利本荘署は振り込め詐欺とみて捜査している。


・新聞に載っている「民事訴訟裁判告知」のはがきを見ると、

今回、貴方に対する民事訴訟裁判の訴状が提出された事を通知いたします。貴方は回収業者及びお取引き契約会社に対しての契約不履行につき原告側が提出した訴状を管轄裁判所が受理したことをご報告致します。下記の裁判取下げ期日を過ぎますと改めて出廷通知が届きますので記載期日に出廷していただきます様、よろしくお願い致します。こちら民法215条に基づいた財務省許可証となっておりますので出廷拒否されますと原告側の主張が全面的に受理されることとなり裁判後の処理といたしましては

 被告の給与及び、動産物、不動産物等の差押さえを執行官立ち会いのもと強制執行させて頂きます。(以下略)


とあったので、民法215条って何よ?と六法全書にあたってみた。

民法215条
(水流の障害の除去)

第215条
水流が天災その他避けることのできない事変により低地において閉塞したときは、高地の所有者は、自己の費用で、水流の障害を除去するため必要な工事をすることができる。


債権回収とは全く関係がありませんね。関係なさすぎてお茶噴いた。
こんなわけのわからないはがきが届いて、「あなたは裁判の被告になりました。出廷しなければ財産を強制的に差し押さえます」なんて書いてあったらパニックになる人は少なくないわな。でも、「何を言ってるんだかわけわかんね〜」となる前に一度声に出して葉書を読んでみるとか、別の誰かに読んでもらうと気持が落ち着いて「あれ?何か変だな」となるんじゃないかと考える次第。

金融機関も「この怪しいハガキを添付すれば振込手数料が無料」ってことにしておけば少なくも窓口でこの手の詐欺への振り込みは防げるんじゃないか。
posted by しょーじ(の) at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

秋田の小学校事務職員、強制わいせつ容疑で逮捕

http://jp.ibtimes.com/article/biznews/090111/26762.html

ホテルで女性の体を触ったとして、秋田県警秋田中央署は10日、秋田市立川尻小学校事務職員の吉富直樹容疑者(56)を強制わいせつの疑いで逮捕した。「合意の上だった」として容疑を否認しているという。

 調べによると、吉富容疑者は同日午前1時半頃、同市内のホテルでスナック従業員の女性(19)の胸や下半身を触った疑い。

 吉富容疑者は女性の勤めるスナックの常連客。スナックで出会った女性を食事に誘って連れ出し、ホテルに行った。女性は同店で働き始めたばかりだったという


@学校関係者のコメントに「仕事熱心でほかの教職員から信頼されていた。とても驚いている」というものがあったが、仕事しているときと酔っ払っているときとでは別人格と考えたほうが良い。むしろ勤務態度が真面目なほうが酒が入ると危険人物になることが多い。

A新人を店の外までお客さんについていかせるそこのスナックも悪い。
泥酔した客への応対をきちんと教えるべき。
posted by しょーじ(の) at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

地デジ移行後3〜5年、CATVはアナログ放送受信可能に

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090107-OYT1T01003.htm?from=navr

政府は、ケーブルテレビ(CATV)利用世帯を対象に、2011年7月の地上デジタル放送(地デジ)完全移行後も、アナログ放送を受信できるようにする措置を取る。
 景気悪化の影響で地デジ対応機器の普及が遅れているためで、移行後3〜5年間の時限措置とする方針だ。
 CATV加入世帯は現在約2200万あり、加入可能世帯を合わせると約4000万世帯が対象となる。
 具体的には、地デジの電波をCATV会社でアナログ波に変換し、デジタルとアナログの両方の電波信号を家庭へ同時に送る。各世帯では、テレビが地デジに対応しているかどうかにかかわらず番組を見られる。


・3〜5年地デジへの移行を先に延ばしたところで、テレビの買い替えが進むかは疑問だし、既に買い替えた人から抗議があるんじゃないかと。
posted by しょーじ(の) at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

ホテルハワイ営業停止、秋田市 全3店に閉店の張り紙

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20080104a

秋田市中心部で3つのビジネスホテルを経営するホテルハワイ(伊藤邦彦社長)が3日までに全店の営業を停止した。客室総数1050室のホテルが営業をやめるのは、県内では過去に例がない。同市では数年前からビジネスホテルの進出が相次ぎ、競争が激化していた。同社は今後、整理の手続きに入るものとみられる


【ホテル 地元資本】で検索をかけたら面白い記事があったので以下に引用。

「新幹線開業は王手が地元資本のホテルを倒す機会であり隠れ蓑」
青森県民は「新幹線が観光客を連れてくる」「環境客が来る事で景気が良くなる、仕事が増える」という考えで固まってしまっている。よって、「大手のビジネスホテルが青森県に参入するのは、それだけ観光客が増えるからなんだ。」という錯覚を起こす。
 六ヶ所再処理工場を青森県に造られたのと同じで、「よそ者」は青森県を発展させたいとは思わない。「青森県から吸い取りたい」「青森県を騙して利用する」という考えはあっても。
 東横インのように全国展開してる会社は、横展開として新幹線駅前に造るのは自然の流れだが、「観光客はそれほど増えない」という大方の意見が考えると、「大手は新たに建設するホテルの資金をどこから得るつもりか?」という素朴な疑問に辿り着く。
 
 大手は、既存のホテルの利用客をターゲットにしていませんか

という結論が導き出される。
 もし、新幹線開業前、あるいは、開業し安定した時期に参入すれば、明らかにライバルの既存ホテルは警戒し、政治的に参入を阻止する動きもできる。しかし、そういう警戒心が薄く、容易に参入できる絶好の機会は「新幹線開業時」である

 「私達は、新幹線開業によって、増加が見込まれる新規のお客様を見込んで青森県にも参入しました。皆さん「一緒に」頑張りましょう。」

 というメーセージを発せられたらやはり警戒心が薄れる。
 青森県民及び地元資本もホテル業界が新幹線に寄せる期待とは裏腹に、観光客は増えず、それ以上に青森県の人口流出に歯止めがかからず、県民一人当たりの借金はますます増え、青森県から逃げ遅れた人に負担がのしかかり、増えたのは放射能のゴミだけという悪循環のスパイラルに陥った時、かつては「一緒に」と言っていた王手のホテルが、どんどん縮小していくパイのほとんどを奪いに来る事は容易に想像がつく。


これを証明するかのような鹿児島県の記事。

「新幹線開通狙い、ホテル建設相次ぐ 地元資本の廃業も 鹿児島」
11年の九州新幹線全線開通による観光客・ビジネス客の需要増を当て込み、ホテルの新規建設が相次いでいることが、鹿児島地域経済研究所のまとめで分かった。 研究所によると、県内への観光客数は、新幹線部分開業の04年と比較して06年は減少傾向


・秋田新幹線が開業して以来、県外資本のホテルが参入して秋田市では地元資本のホテルが淘汰されてきたということで。新しいホテルができることは必ずしも観光客の増加には結びつかない。







posted by しょーじ(の) at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

全国学力テスト、秋田知事が市町村別の平均正答率公表

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081225-OYT1T00374.htm?from=main1

公表したことについて、寺田知事は「公教育はプライバシーに関するものを除き公開が基本であり、学力テストの結果についても公表すべきものと考えていた。一層の学力向上を図るためにも、市町村別の学力調査結果を公表することにした」と説明。「市町村による自主的な公表を期待し、その動向を見守っていたが、本県では市町村別の平均正答率など有益な情報が県民に提供されないままとなっている」とした。


@「公教育は公開が基本」←これに関して。どこに書かれているものなのか、それを県は教えてくれないと。慣例だとか昔からそういうことになっている、ではちょと困る。

A仮に「公教育は公開が基本」だとしてもそれがどう「学力の向上」につながるのかがよくわからない。

B例えるなら、県民の体力向上のためにはそれぞれの数値を測って統計を取り悪い所をなおしていくことは大事だが、それは個々人の身長体重を発表したところで変化があらわれるものではない。
posted by しょーじ(の) at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

大館市立総合病院の増改築工事完了

http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20081223f

大館市立総合病院(大館市豊町、武内俊院長)の増改築工事で正面玄関と駐車場が完成し、建物工事全体が完了した。正面玄関で22日、竣工(しゅんこう)式が行われ、テープカットに続いて、医師や職員、工事関係者が玄関の渡り初めをして祝った。


・昨日のローカルニュースで「しゅんこう式」と書いてあったのでテレビ局もたいへんだなと感じた。「竣工」を「しゅんこう」とすることでかえってわかりにくくしている。
posted by しょーじ(の) at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

足裏マッサージ器で窒息死

【足裏マッサージ器で窒息死3件=布カバー外し、首に使用か】

足裏用のローラー式電気マッサージ器の布カバーを外し、首をもむために使ったため、衣服が巻き込まれ窒息死した事故が約10年間に3件発生していたことが16日、分かった。製造した的場電機製作所(埼玉県川越市)が厚生労働省で記者会見し明らかにした。
 このマッサージ器は医療機器として承認を受けており、同省は同日、業界団体の日本ホームヘルス機器協会に事故を伝達。正しい使用法を呼び掛けるよう注意喚起した。
 同社によると、事故が起きたのは1986年製造の「アルビシェイプアップローラー」。83年から90年まで約42万台が製造、出荷された。3件とも専用の布カバーを装着せず、首へのマッサージ用に使い、衣服を巻き込んだという。説明書には「足裏用」と書かれている上、カバーを外して使わないよう明記しているという。 


・最初このニュースの見出しを読んだとき、どうして足裏をマッサージしていて窒息するのか不思議に思った。

・どんな機械器具でも間違った使い方をしたら危険だということですね。
posted by しょーじ(の) at 19:17| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

「ふるさとケータイ」事業

【「ふるさとケータイ」事業 地方の情報を発信 総務省が創設】

総務省は、情報化の進展から取り残されがちな地方のお年寄りや子供たち、地域情報を求める旅行者らを対象に、携帯電話を用いて通話や生活・観光情報などを提供する「ふるさとケータイ」事業を創設する。地方の市町村やNPO(非営利団体)が、携帯電話会社の設備を借りてサービスを提供することを想定。事業化段階では財政支援も行う考えで、14日に制度化に向けた提案募集を開始する。


・そんなことより圏外地域を無くすことのほうが先。
posted by しょーじ(の) at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

知事選 橋本氏出馬なら「民主、社民と共闘も」

http://mainichi.jp/area/akita/news/20081204ddlk05010101000c.html

自民党県連の津谷永光会長は3日、来春に予定される知事選(09年4月任期満了)について、同県連が立候補を要請している読売新聞東京本社特別編集委員、橋本五郎氏(61)が出馬を決意した場合は民主・社民などにも支援を呼びかける意向を示した。今月中にも改めて橋本氏の意思を確認したいという。

 津谷会長は「(政党間の)対立軸を作るつもりはない」と発言。橋本氏が立候補の意思を固めた場合は民主・社民党県連との相乗りも「(選択肢として)当然ある」と話した。


・衆議院の秋田3区は自民党が事実上分裂状態なのに、知事選挙は自民党も民主党も一緒にやりましょうってのはおもしろいなーと思いました。
posted by しょーじ(の) at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。